わたしの図書館

靴を探して西へ東へ。痛くない靴、足に合った靴。当たり前のものが簡単に手に入らない奮闘記です。専門家ではなくただの一般カスタマーなので、考えをまとめるために書いています。パーソナルカラー、骨格診断プロ診断済み(ウィンターストレート)。関西圏の大人遠足継続中。書写指導者。

カテゴリ:◆健康

「痛みなく履けている靴は、どんな靴ですか?」 前回の質問に対して、わけました。一軍シューズ、ここでは「この一年間履いた靴」として、まとめます。●革靴部門前回から続けざまですが、TRAVEL SHOES by chausser(ショセ) 2019年1月購入。雨の日も履けるので、一年中履い ...

靴の調整ネタです。新品時に丁度いい靴でも、履き続ける限り必ずどこかが合わなくなってきます。足も変われば靴も変わるので、それは定め。足に合わせて調整します。今回の調整は、2019年に購入したトラベルシューズです。 銀座で買いました。その後、ゴムひもをガス引きに替 ...

足の第一趾つまり拇指の陥入爪が、すっごく改善されました。 陥入爪は巻き爪より厄介だと言われています。 原因は深爪。 ●足の深爪、とっても厄介足の爪の正しい切り方なんて、いくつで知っただろう。 そもそも手指の爪の切り方だって、マニキュアするようになったとき調 ...

フローリングより、断然ウールカーペットが好きです。特にメリノウールは素足が多い夏でも、ベタつくことなく過ごせます。ウールカーペットの良さを教わったのは、「下町のカーペット屋さん」という兵庫県のお店でした。自室に敷くカーペットを探していたとき楽天ショップで ...

寝るときは敷布団ではなく、厚さ9cmの敷マットです。過去ログに夏の敷きパットのこと書いたなあと探してみたら、 2013年でした。このときは麻のシーツに抵抗があったんですが、年々猛暑が厳しくなるので買ってみる気になり、楽天でテテーンと探してみました。【 ボックスシー ...

マダムからピロリンと、画像付メッセージが届きました。「これ欲しいのどう思う?」※このブログには複数のマダム(わたしより年上の女性)が出てきますニューバランスのシューズで、色と形が気に入り、おまけにセール価格です。経験則ですが、この前提だとすでに心は決まって ...

いつも元気溌剌なメイちゃんが、教室に来るなり、足が痛い、新しいサンダルで靴ずれができたと半べそでした。 かきかたの指導はわたしとやりとりしながらなので手元に集中していますが、毛筆はひとりでじっくり教材に向き合うし、「痛い痛い」と呟いていて、集中できない様 ...

靴ひもネタです。過去ログには、そこそこの数があります。⇒「靴ひも」買った靴以上に靴ひもは要りますから。 ビモロシューズはいろんなあしに対応できるので、靴ひもがとても長くて余りまくり、脱ぎ履き時にしまい込まないといけないのが億劫で短いものに替えようと靴ひも探 ...

前回はブラのダーツの話でした。今回は別方向に振れます。年々売り場に、ノンワイヤーブラが増えています。 わたしも自宅モードや体調不良時に着けているのは、ブラレット等です。 元気なとき一番長く着用しているのは、ワイヤーブラ。 ひと夏でもブラトップをつけ続けると ...

今年の梅雨は雨が長いだけでなく、多過ぎです。雨期?全国的に災害だなんて、梅雨ってこうじゃなかったでしょう。雨となると足元が危ういです。街ではぬかるみよりも、舗装が濡れることによる転倒です。特に地下街。濡れた雨具を捧げ持つことの危険性は、未だ認識されていな ...

電車に乗って、ちょっといいランチを食べに行きました。腹ごなしがてら、母とそのままショッピングモールをそぞろ歩いたときのことです。どこも夏物セールが始まっていて、夏物どころか春物もあるやろと思いながら見ていたら、母がアシックスウォーキングのセールに足を止め ...

しれっと書いた「あしが内側に倒れて踵を踏み抜く」ネタですが、写真を探しきれずUPしたのが前回です。コンバースじゃないけれど、わかりやすい写真と足のイラストがあったので、参考に。 特に左のかかとは、ソールはもちろん靴の崩れも激しいです。靴内部も傷んでいるだろう ...

自粛生活、5日で飽きたーと以前書きましたが、実際のところキツかったのは最初の一週間で、そのあとはとにかく“楽”の一言でした。食事、家事、運動、ちょっと仕事という生活だから、服装はカジュアル、靴はスニーカーオンリー。買い物に行くときもマスク+帽子なので、5分も ...

3月にネタにした空間除菌カード(ウイルスブロッカー)、 このあと3/10に、消費者庁から改善要請が出ました。新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうする商品の表示に関する改善要請等及び一般消費者への注意喚起について | 消費者庁これを受けて、メーカーサイトの案内 ...

別れ際の挨拶が、「また元気で会おうね!」が相次いだ春でした。昨今、骨折でもギプスをせず、見た目でわかりやすい体調不良、けが人って減ったと思います。月末からジワジワと、各業界の閉店、廃業、倒産情報が増えてきました。雇用への影響が大きく、心身をごっそり削る出 ...

↑このページのトップヘ