のお灸体験(前回)以外は目もくれずさっさと会場をあとにしたわたくし。心斎橋・難波は鬼門なんです。
ビルの一階に着いたとき、行きしなは気がつかなかった店舗が目に止まりました。
Exchangers エクスチェンジャーズ
『チェンジ(両替屋)だ、珍しい』
お金のやりとりしていますからぼかすよ。

こんなところにあるのも珍しければ、そもそも街中でチェンジがあること自体相当レアです。
20歳の時初めて海外に行った際、現地での両替は銀行、ホテル、街中のチェンジでした。レートが良いのは街中のチェンジ。ただしもぐりのうさんくさいのもあるので、レートと手数料の確認必須。
チェンジの立地によってレートの変動があるというのもおもしろかったのですが、はて日本に帰ってきたとき、海外から来る人は一体どこで両替しているんだろうと不思議だったんです。
それっくらい海外では街中にチェンジがたくさんありました。

20年前だと銀行でしかチェンジできなかった。
数年前に規制緩和があり、チケット屋でもチェンジできるようになって駅前ビルのチケット屋でも外貨の購入ができます。
手数料はチケット屋の方が安いし、レートもヘタしたら銀行よりもいいです。
しかしそんなのは現地人である日本人ならともかく、トラベラーはわかんないでしょう。

インバウンドガーなんて言ってるけれど、そもそもの外貨の流れはどうなっているのか。
そしたらこんなところにチェンジが出来ている!!
お客さんがいたので遠巻きにレートやどんなお店なのか見ていたのですが、なんか…見覚えのある顔が…
ブースの中にいたのは知り合いでした。世間の狭いことよ。

銀行利権が未だ強い両替、20年も経っているのに全然変わっていない現状。
肝心の外貨は日本ではなく現地で日本円にして持ち込まれているという有様です。
ちょっと検索したらわかりますが中国系は日本に闇両替があるので、やっぱり日本で使われていないのです。

http://www.exchangers.co.jp/
銀座、札幌、広島にもあります(2017年1月現在)
WEBサイトの情報は全く足りていないのでわたしが書く。
Exchangers エクスチェンジャーズ
世界86カ国の通過を取り扱っています。
はちじゅうろく!?
レートのパネルを見ると、こんな国のお金見たことないわという単位が続々と出てきます。

知り合いが関わってるからといって甘くないわたし、帰宅してから銀行とYahoo!で外貨レートを確認しました。
すると、確かにエクスチェンジャーズのレートはいいです。
一見銀行と同じに見えますが、エクスチェンジャーズのパネルに表示されているレートは手数料込み。
日本の銀行でのチェンジは手数料が非常に大きなネックになっていて、それは当然海外でも知られています。
日本で両替されないっていうのは日本円を使っているようでそうじゃない。
インバウンドガーっていうのなら、そもそもそこ変えないといけないのに。

営業時間:毎日10時~22時
12月にできたばかり、親切営業時間。
海外旅行に行く前、そして誰かを迎えたときに思い出して下さい。
なお知り合いはいつもいると限らないので、詳細伏せます。ブログ許可は頂きましたー。

宗右衛門町(大阪人は“そえもんちょう”と読む)という立地の良さから、次々にお客さんがやってきます。
Exchangers エクスチェンジャーズ
ドンキホーテ道頓堀店の観覧車を背景に。
観覧車はずっと運転停止していますが、今年夏に再開するという噂があります。
Exchangers エクスチェンジャーズ
エクスチェンジャーズ:大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-3-12
位置関係。
© OpenStreetMap contributors
梅田と違って難波はハングル表記が目につく。

ダイヤモンドビルの手前にチーズタルトのPABLOがあります。イートインできるお店なので行列ができていますが、日本人のマナーの悪いこと。
前にも書いていますが心斎橋ナンバはもう完全にトラベラーズの街。人混みもすごくてできるだけ出かけたくない街です。とくに不快なのが日本人の歩きたばこなんですよ。
PABLOでも行列の中にたばこ吸っている日本人がいてほんとにびっくりした。呆れる。他国トラベラーのこと云々言えたもんじゃありません。

あとチーズタルトのPABLO、そないおいしないで。リピはない。