6月末に教室で作ったまるまるキャンドルのモザイクを使って、キャンドルを自作しました。

モールドは100均で購入したコップで、電子レンジOK耐熱120度くらいまでのものです。
コップの内側にサラダオイルを塗って、芯を差し込み、今回はモザイクの量を節約しました。

P1050466-2
真ん中にトイレットペーパーの芯を置いて、外側にモザイク、芯の中に白を詰めて最後に抜き取るのです。

緑と紫の二つを作り、コップがどっしり重たくなった時に、ヤバい…と気が付きました。
コップの口、満々までロウを詰め込んだのですが、型から外せないかも!?
最初は水で冷やしたり、冷蔵庫に入れてみましたが、全く外れません。
やばいいいいいいいいい
前回はごそっと抜けてくれたのに、ちょっと詰めすぎた!?

禁断のトンカチを持ち出してコップの側面をコンコンやりますが、ダメ。
テキストなどには「型から抜けない時は、冷蔵庫で冷やしたり、静かに型の底を叩くといい」とあるんですが、全く二進も三進もいきません。
ちょっと荒療治しなくてはと、冷凍庫にぶっ込んでいったん食事。

食事が終わってから、カッターとトンカチを持ち出して、再度救出に向かいます。
トンカチで何度かやっていると、ちょっと型の中でごそっと動く感じがしてきたから、隙間にカッターを差し込んでちょっとでも外れやすいように縁に沿って回し入れます。
どうしてもダメなら、型からえぐり出してもっかい溶かし直して作り直しです。
せっかくのモザイクがダメになるので、それだけは避けたい。

一度バキッて刃が折れてしまいましたが、何度かやっているうちに「ごそっ」っと出てきてくれました〜〜〜
ああああああ ほんとによかった!!
P1050543
できあがり〜 型の大きさが違うので、背の高さも違います

が、よくよく見るとなんかおかしいんです。
…こんなところに筋が入ってるのは、なぜ?
P1050542-2
真ん中に、筋

最初、流し込んだロウの溶け方でできたのかな〜とか、温度が真ん中でぐっと変わるようなことがあったっけ?? とかいろいろ考えていたのですが、ちがーう!!
トンカチで型の外から叩いた衝撃で、中で割れたんだわ。
なるほど、だから「静かに底をトントン」なんや。
側面をぶっ叩いたら、キャンドル本体が割れちゃうんやわ。

実際に火を点けたらどうなるかというと、
P1050544P1050546
筋のところでツーブロックの光り方をするキャンドルに。
これはこれで面白いけれど、勉強になりました。
次回はもっとしっかりサラダオイルを塗ろう。