わたしの図書館

感想文、体験記を書くのが大好き。 ミクシの日記の一部を、お化粧直ししてこちらに転載中。 くもん書写、旅行記、靴、健康、おしゃれなど。

カテゴリ:◆感想

11月に放映された「ノーナレ」ジブン着せ替え回に出演(感想リンク)、パーソナルスタイリスト霜鳥さんの著作です。 洋服で得する人、損する人 ~40歳を過ぎると、生き方は装いにあらわれる~posted with ヨメレバ霜鳥 まき子 大和書房 2016-04-23 Amazonで探すKindleで探す ...

池上先生の著作を読むのは初めてです。 外務省のラスプーチンと言われた魁偉、佐藤氏との共著。 僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意posted with ヨメレバ池上 彰,佐藤 優 東洋経済新報社 2016-12-16 Amaz ...

大河ドラマの良さは、子役時代です。(「真田丸」のように子役チェンジのない作品もありますが)1年間かけて一人の人物を追うので、資料が残っていない人物でもそこは「大河ドラマ」の創作の楽しさもあります。場合によったら子役時代の回だけで視聴カットすることもあります ...

読書の秋ですねー。地獄の大阪もいよいよ気温が下がって実に快適です。わたしは足の冷えから喉に来るので、9月のうちから寝るときはレッグウォーマーをつけて、今年こそ冷えに負けないと迎え撃つ気満々です。【第2類医薬品】ドルチェ顆粒 9包でも、足が攣ったときのために「 ...

土曜の深夜は録画したマツコ会議を観てから寝ています。■マツコ会議オンエア視聴だとコマーシャルがだるいので、必ず録画視聴。23日OA回では涙が出るほど笑いました。 最近ハズレ回が多かったんですが、もうほんまヒーヒー笑ってしまって、いつもなら即消すのにまだ保存して ...

承認不安についてちゃんと知りたいなと思い、蔵書検索。これ(↓)を借りるために図書館に行ったところ、すぐ近くに似たような内容かなと思わせる本もあったので、発行年月日が新しいから一緒に借りてきました。 「認められたい」の正体 ― 承認不安の時代 (講談社現代新書)p ...

マンガの全巻マラソンしたことありますか。わたしはちょいちょいやっています。が、35巻はさすがに一気に走りきれません。フリガナが「セブンツーズ」に見える。■7SEEDS セブンシーズ 田村由美 全35巻 http://flowers.shogakukan.co.jp/rensai/7seeds.html 「近未来SFサ ...

7月はなんともなかったのに、8月に入ってから壁掛けカレンダーが反り返りました。ご覧下され。上辺は、まあわかります。ピン一箇所で止めていますし、荷重が一箇所に集中していますから。しかしこの下辺ですよ、丸まっています。 いちおうヤマケイ(山と溪谷社)のカレンダ ...

脱水症状を起こしました。台風の影響で気温が下がったため、完全に油断していました。友達の指摘がなければわからなかったです。そして寄る年波の悲しさ、ダメージからの快復が遅い…番組表にデータ表示されるタイミングなので、お盆のTV番組予約リストです。NHKばっかし。 ...

たまたま見たNHKのBSコンシェルジュが、歴史家の磯田先生ゲスト回だったんです。前日に幕末関連の調べごとをしていて、あ~なんで歴史ってこんなに楽しいのかなあ、好きだわとニヤニヤしていたためタイムリーだなと見続けていたら、 「歴史は好き嫌いという嗜好品ではない ...

池井戸 潤といえば「半沢直樹」「空飛ぶタイヤ」。映像は観たことあれど小説を読んだことはありません。 だって間違いなくおもしろいでしょう… でも今回は、映像化されるとわかっていながらも読みました。ランニングシューズの話ですから! →ドラマ半沢直樹第一回の感想  ...

こちらの書籍を知ったきっかけは、 ■不機嫌がなぜいけないか。「ピカソは本当に偉いのか?」に書いてあった (篠田真貴子) https://note.mu/hoshinomaki/n/nd998e3cd1998 があまりにもよかったからです。 なんで不機嫌とピカソが関係あるんだろうと不思議に思いクリック。 ...

ほんっとおもしろかった。 ちゃんとお金をかけて調査分析しているテキストの読み応えといったら。 曖昧なWEBにころがっているテキストとは全然違います。 世代×性別×ブランドで切る! 第5版posted with ヨメレバマクロミル ブランドデータバンク 日経BP社 2017-03-25 Ama ...

↑このページのトップヘ