わたしの図書館

靴を探して西へ東へ。痛くない靴、足に合った靴。当たり前のものが簡単に手に入らない奮闘記です。専門家ではなくただの一般カスタマーなので、考えをまとめるために書いています。パーソナルカラー、骨格診断プロ診断済み(ウィンターストレート)。関西圏の大人遠足継続中。書写指導者。

カテゴリ:診断・鑑定ネタ

自称「社交的な引きこもり」です。大まじめに。しかし人によったら、「またまた~、引きこもりだなんて。そんな人が人前でWSなんてできるわけないでショー!」バンバンという反応が返ってくるため、決して冗談じゃないんだよというはなし。■内向型で外向型な人の9つの兆候 ...

鑑定ネタの締めくくりに、「鑑定受けないと適性ってわからないんですか?」と思った方の手がかりになるかも知れない話を。 (なりたいものや夢がなかった話の続きです)気温が下がるとお花シーズン鬱々として追い詰められていた2014年10月、三ノ宮で友達とお茶していたときの ...

サブタイトル「クリスタルはどこにあるのか」 小学校の卒業アルバムに寄せた、将来なりたいもの。 真ん中がわたし。わたしはなりたいもの、なにもなかったです。だって、おとなの世界にどんな職業があるのか全然わからなかったから。 パン屋さんお花屋さんラーメン屋さん以外 ...

鑑定で自分の特性を認識し、動き出したもう一本のルートです(前回の続き)。ブログの長大なテキストを見ればわかりますが、わたしは書くのが好きなんです。菊池病でゼイゼイしながらもmixiの日記は書き続け、職場に近いから通い始めた公文の書写教室にも退職後、収入ゼロで ...

きのうご案内したむくさんの鑑定、おかげさまで満了となりいったんリンクを外しました。もしキャンセルが出たらまた告知しますね。さて続きです。さらっと「毎日死を考えていた」と書きましたが、あれは本当です。2014年は鬱々とした日々が多く、特に秋に入ってからは、朝起 ...

わたしはこの現代に則した鑑定をしてくれる『プロ』の方や、なにそれおもしろそうという鑑定やリーディング、なんちゃら診断など、いろいろ受けてきました。 じぶん自身西洋占星術をちょっとかじりましたが、数学要素に根負けし、結局勉強するよりも、鑑定を受ける側です。 ...

同窓会、一年前なら行かなかったというのはほんとのところです。 履歴書でいうところの2011年4月から2015年3月まで、わたし完全に空白です。この間のわたしは「したいことをしていた」けれど、「なにをやっているでもない自分」だから、自己紹介の時とか困りました。 出会っ ...

政近さんの「似合うの法則」という書籍にある“ファッションの「自分軸」と「他人軸」がわかる”ワークを、友達とやり合いっこしました。「似合うの法則」の感想はこちらにあります。 本来は「自分がそうありたい状態、してみたいファッション」「その人からみて、あなたがそ ...

先日、禅タロットを初めて見ました。 なんとなく名前は知っていたけれど、実物をみたのは初めて。 タロットというと、枚数70枚以上。 めっちゃ大儀そうな感じで、普通のタロットもわたしはもっていません。 わたしが中学生の時、オカルティズムが普通に流行っていて、クラス ...

血液型診断の弊害と信憑性のなさについて、mixiでは散々ネタにしてきました。 わたしのお友達には自分の血液型をネタにする人はいても、他人に対して決めつけをするような、不快な行為をする人はいません。 だからリアルでは声高には言ってこなかったのですが、いくら言って ...

「岩茶荘に行きたいなー」とmixiに書いたところ、お友達が「一緒に行きましょう!」と眼診の予約をしれくれました。 ありがと~~わたし、予約制というのも失念していたのよ… ●作戦立てたよさらにその日記に、すでに行ったことのあるお友達が体験談のコメントを寄せてくれ ...

↑このページのトップヘ