わたしの図書館

靴を探して西へ東へ。痛くない靴、足に合った靴。当たり前のものが簡単に手に入らない奮闘記です。専門家ではなくただの一般カスタマーなので、考えをまとめるために書いています。パーソナルカラー、骨格診断プロ診断済み(ウィンターストレート)。関西圏の大人遠足継続中。書写指導者。

カテゴリ:診断・鑑定ネタ

「NARSといえばチークよね~」と、NARSのチークコーナーでカラーチェックしていたとき、隣の女子二人がきゃっきゃやりとりしていました。そうなの?NARSのアイテムはルクアイーレに伊勢丹の残骸として残っているイセタンミラーにもあるんですが、あそこの品揃えめっちゃ悪い ...

昨年11月にシリーズ第一回の講座に参加しています。3月に東京で同じ講座が開催され、今回は続編にあたる第二回。前回お越しになっていない方でも十分にご理解いただけるようになっていて、さらに今回はACS個性分析の診断付というお得な内容で開催されます。当日の飛び入り参 ...

友達の日記でネタになっていたので、やってみたよ http://www.aromakankyo.or.jp/kentei/aromafortune/ 生年月日方式で、分類は5項目。 わたしは大陸でした。他の光、水、草花、宝石のほうがえらくロマンチックな分類やな… http://www.aromakankyo.or.jp/kentei/aromafortu ...

コミュニティの広がりって案外狭くて、誰かと知り合えばにょろにょろと同じ人に行き着きます。あるパーティーで出会った印象に残っている女の子がいて、名前はマコちゃん。 20歳そこそこの若い子がこんなパーティーに来るなんてと驚いたから覚えていました。それとマコちゃん ...

国際流行色委員会というところでシーズンの流行色が決まり、各業界はその中からさらに採用するカラーをチョイスして製品化します。 委員会がどうやって色を絞り込むかは、ここに解説がある。 http://news.mynavi.jp/news/2013/05/15/320/ パントンの2017SSは昨年秋に公表 ...

久々に鑑定ネタです。今回は「質問にお答えする鑑定」、誕生日を使わずにみてもらうんですよ。鑑定主は、椋木香名(むくのき・かな)さんです。むくさんの天職鑑定を受けたのは2014年10月のことでした。 そのことをまとめたブログを2015年にUPしています。 ■五万円の鑑定よ ...

今回からはこの個性分析の真骨頂、グループ診断の一環でカップル診断でございます。 職場の人事にも使われる個性分析。 分析を元に座席の配置を変えたところ、グラフがぐっと変わった例もあって人ってほんとに「日常」のちょっとしたことの影響を受けるから、うまく使いこな ...

大幅にカットしてmixiからこちらに持ってきたのですが、案の定長い。カップル診断の前に、わたしの個性分析で推移比較とは違う見方をした項目を挙げます。前段①わたしの個性分析 <2013年> ②わたしとCちゃんの個性分析比較 ③わたしの個性分析 <2013年→2016年推移> ...

個性分析で見れるのは12項目。石岡さんの分析を録音して全項目書き起こしたのですが、さすがに大量なので前後編に分けて一部をUPします。後半は尊重性、融和性、自立性について。前段①わたしの個性分析 <2013年> ②わたしとCちゃんの個性分析比較 ③わたしの個性分析  ...

過去の手紙や日記を読み返すと、「うわー別人!」と思うことがあります。ではなにが影響して別人たらしめるのか。普段自分では意識していない有り様を、個性分析は視覚化・明文化してくれます。前段①わたしの個性分析 <2013年> ②わたしとCちゃんの個性分析比較 ③わた ...

ざっくりわたしの個人分析を経て、Cちゃんとグラフを比較してみます。前段①わたしの個性分析 <2013年> ②わたしとCちゃんの個性分析比較 ←いまここ③わたしの個性分析 <2013年→2016年推移> 前編④わたしの個性分析 <2013年→2016年推移> 後編⑤わたしの個性 ...

ACS個性分析、前段から続きまして、2013年のわたしの個性分析について書きます。前段①わたしの個性分析 <2013年> ←いまここ②わたしとCちゃんの個性分析比較③わたしの個性分析 <2013年→2016年推移> 前編④わたしの個性分析 <2013年→2016年推移> 後編⑤わた ...

診断ネタのカテゴリを整理しました。★カテゴリ:骨格診断・カラー診断 (外見系診断ネタ) ←RENEWAL!パーソナルカラーと骨格診断に関すること。★カテゴリ:診断・鑑定ネタ (内面系診断ネタ) ←NEW!占星術、血液型診断、脳診断、健康診断、ACS個性分析、鑑定など。以 ...

勉強会で「右脳左脳診断」のネタがでました。ちょいちょいFBにも同様の診断結果が流れ込んできます。両手を自然に組んだとき、左右どちらの親指が上に来ているのかで、利き腕ならぬ利き脳を判断するというアレです。脳には右脳と左脳があり、右脳は直感力、左脳は分析力を司 ...

↑このページのトップヘ