わたしの図書館

靴を探して西へ東へ。痛くない靴、足に合った靴。当たり前のものが簡単に手に入らない奮闘記です。専門家ではなくただの一般カスタマーなので、考えをまとめるために書いています。パーソナルカラー、骨格診断プロ診断済み(ウィンターストレート)。関西圏の大人遠足継続中。書写指導者。

カテゴリ:幅細靴を探して・店舗/売り場レポート/2010~2012

※内容は2010年11月当時のものです自分がそうであってもなくても、幅細の靴ってどんなものなのか注意してみないと見つけられません。 今後の買い物に役立てようと集めた情報をカスタマイズして印刷しているんですが、ちょっと転載しておきます。 お店の情報と、実際のお仲間 ...

オーダーやパンプス系以外のスポーツ系のリスト。 ●スニーカー  幅細タイプの声がよく集まっているのはPATRICK(パトリック)。 http://www.patrick.jp/ ナイロン靴のイメージとデザインがスポーティーで避けていましたが、サイトを見てると「おっ」っていうのがいくつか ...

靴に散々悩まされて数十年、ようやく知った靴業界の真実と日本人の足についての知識をざっとまとめました。 わたしは“日本人が身につけるものは、日本人が作ったものが一番いい”と思っていました。 でも違う、少なくとも靴については全然違う。 女性部長がイタリア旅行に行 ...

靴ができあがるまでの1ヶ月間、内股の筋肉を意識して歩きました。 わたしは歩くときに膝の内側が擦れるんですが(太いんちゃうで!)、パンツの膝内側だけ傷みそうで困ると思ってたら、タルタルガのオーナー松本さんに 「歩いているとき足をクロスさせてる」 と指摘されたの ...

「その2」でリストにあげた幅細シューズのPATRICK(パトリック)銀座ラボへ行ってきました。 短気なもので、一番品数が多い店に最初に行きたいんです。 東京出張の翌日に現地の友達と待ち合わせしてランチしたあと、銀座を案内してくれてすごく助かりました。 銀座は平日に ...

そして2週間経ったころ、初めて朝の出勤時、自宅から履いて出かけてみました。 いやもーこれが!! カーペットと違い、コンクリブロックの道はでこぼこしてて歩きにくい!! 普通のアスファルトならともかく、コンクリブロック憎すぎます。 リノリウムのようにツルッとした ...

購入してから10日ぐらい経ったとき、シューリボンの結び目が足の甲に当たって痛く、紐をゆるめに結んでしまいホールド感の甘さから踵が靴擦れしちゃうようになったので、お店で調整してもらいに行ってきました。 甲の骨に当たって痛いというトラブルは結構あるんですが、実 ...

高島屋の幅細展開しているPB「AandT」を見てきました。 難波の高島屋もフロア改装中で全くコーナーを見つけられず、訊ねてみると 「改装中のため、店頭にはごく一部しか出せていないんです。 倉庫には商品がありますので、お持ちいたします」 わたしが見たいのはショートブー ...

調整のためタルタルガに行ったとき他のお客さんがいて、この人は「一年半ぐらい」の付き合いで、靴は全部タルタルガで作ってるそうです。 いいなあ。 タルタルガは幅細甲低の人が集まるお店だけあって、お客さんががんばって集めた幅細既製靴の情報も集まっています。 買った ...

「坂の上の雲」第3部始まりましたね~ 我が家では字幕表示にして熱心に見入っていました。 先日購入した歴史街道の特集に付随した地図も大役立ち。 ドラマで地味に注目しているのは、足元、靴です。 戦争が始まるまで西洋の革靴は、政治家など特権階級・金持ちのものでした ...

↑このページのトップヘ