わたしの図書館

感想文、体験記を書くのが大好き。 ミクシの日記の一部を、お化粧直ししてこちらに転載中。 くもん書写、旅行記、靴、健康、おしゃれなど。

カテゴリ:菊池病

先日漢方の講座に参加しました。 チェックシートで自分がどういう体質なのかを確認するのですが、参加者の多くが冷えを強く感じている“陽虚(ようきょ)”タイプでした。 タイプは8種類あり、どれかいっこだけ突出しているわけではなく、複数タイプにあてはまるパターンが ...

先週の金曜日、お出かけから戻った際、左の尻たぶに違和感が。 鏡の前でペロンとしてみると、赤く腫れてる。 『…また毛嚢炎か』 毛穴の毛根部に細菌が入って炎症を起こすこの症状は度々下半身に現れるので、しばらく我慢してから膿を出すかと痛いまま放置していました。 そ ...

じゃじゃーん、おでき女から卒業です。 抗生物質を飲み始めてから急速に腫れはひき、痛かった箇所は 「DEATH!」って感じの色に変色をし始めました。 それからむずむずと痒くなる日々が続き、ふとみると、皮膚が薄く張り付いてます。 かさぶたの皮膚版ってイメージです。 痒 ...

今日はまだPCに向かえるので、書いておきます。 先日おできが治った日記に抗生物質のことを書きました。 実は、おできは治っても、併発していた微熱と関節痛はひかなかったのです。 4月末に平熱が高めなことがわかり体温を測るようにしていたから、 熱が引いていないことに ...

『せいぜい白血球の数値が下がっているとか、その程度じゃないかなあ 』 そう思っていた日がわたしにもありました。 前回の日記を書いた直後より、体調が猛烈に悪化しましてようやく浮上です。 5/21(土)に採血した結果は、数値上は全く異常なしでした。 それどころか、去 ...

今日は耳鼻科受診日でした。 さっそく血液検査の結果ですが、まず悪性リンパ腫の疑いはクリアーになりました。 おう、よかった! そして白血球値が前回より下がっています。 この減少と何より先生も驚いたほどのステロイドの著しい効果によって、わたしは 「菊池病(組織球性 ...

今日からステロイドなしです! だるさは残っていますが、いったん治療は終了となりました。 再発した人の記事を参考に、わたしも経緯をまとめてみました。 【前兆】 4/25(月) 平熱が36.6~36.8度をマークしていることに気がつく。 わたしの平熱は35.7程度なので、『五本 ...

図書館に行くと、いつも汗がものすごいんです。 5月の高熱期の前から図書館に着くと頭の中から汗がダラダラ、額も首筋もびっしょり。 まあ、当時は熱があったからなんですが、ステロイド終了後の梅雨の肌寒い時期でもいつもこの調子でした。 ステロイド服用中の熱は36度前 ...

※菊池病に関係ないようですが、大アリなのでこちらに入れます冷え性っていつから定着してる言葉なんだろう。 確か、肩凝りと同じく最近まで西洋医学的には扱いのない症状だとききます。 わたしが子供の頃には耳にしたことがなく、ずっとただの“寒がり”だと思っていました ...

どうも周りの人と比べてわたしは寒がりのようだ。 それどころか、冷え性のようだ。 ある夏の日、足首に白い斑点状のものを認め「? これなんやろ??」と友達に尋ねたら 「それ、セルライトですよ」 まじで? って、それなに?? 友達は美容やエステ系の情報に詳しく(しか ...

ところが今年、変化が起こったのです。 最初に気がついたのはたぶん11月のある日、いつも出かける時は気温を確認して服を決めるので、“この数値ならタートルネックだな”と外出をしたところ、暑くて暑くて着てられなかったのです。 あれ? 12月になりダウンを着るようになっ ...

なぜ体温が上がったのか。 よく尋ねられますが、わたしは高熱が続いていろんな機能がリセットされたんじゃないかと勝手に解釈しています。 美容院の担当さんは「その体温が上がったメカニズムがわかれば、本出せるで。ぼくのお客さんで生姜を紅茶に入れてやっと体温上がった ...

2011年春、会社を退職後、謎の体調不良に悩まされました。当時ミクシに刻々とその変化を残していて、予兆があったとあとで判明。WEBで散々検索したことが病名確定に繋がったので、自分の体験記も活かせたらと思い、まとめてUPします。最初の変化は体温の上昇、2011年4月24日 ...

↑このページのトップヘ