わたしの図書館

感想文、体験記を書くのが大好き。 ミクシの日記の一部を、お化粧直ししてこちらに転載中。 くもん書写、旅行記、靴、健康、おしゃれなど。

カテゴリ:◆健康

バレンタインが終わると、冬も終わりだなと思います。ああ、大好きな冬が終わる……ずっと冬でもいいのに……冬の終わり、セール時期だからこそできる実験、行くよー。先輩から「GUのこのブーツ、スッゴイ安定感があって、踵骨(しょうこつ)が立つよ」とメッセが来ました。 ...

これまでなんともなかったのに、ヤクルトを飲んだらお腹に来るようになりました。ショックすぎ……ほんとにヤクルトが原因か実験をしていたため、人工的に体調不良の日が続いています。お腹いたいよーが、元気なときにユニクロUのスニーカーを試着してきました。http://www.u ...

大雪、すごいですね。ツイッターには駆け回る犬の動画と、雪景色の東京名所画像でいっぱいです。さすがの大阪も雪は降らずとも22日(月)は寒かろうと、いつものレッグウォーマー+腹巻きでは太股から死にそうなので、先週799円で購入したキレイラボウォーマーをデビューさせ ...

Eテレでやってた「Rの法則」冬本番!目指せ“ぽかぽか美人”を観ました。 http://www.nhk.or.jp/rhousoku/useful-information/15040.html 動画がなくても公式サイトのまとめがよく出来ています。10代が気になる話題をテーマにした番組で、レコーダーの足靴検索で引っかか ...

朝起きたらパジャマの裾が膝上まで上がり、膝下全開になっています。 既製サイズのパジャマだと裾が足りないし、その状態でゴムを通すと足首丸出しになります。どっちにしろつんつるてん。 『さむ……』と布団の中でごそごそ裾を下げようとして足を攣るのが、秋口の恒例イベ ...

師走の日曜日、軽めのネタを。11月に放映されたあさイチのまとめです。女性は必見、男性も女のお子さんがいたら読んで下さい。■女性の『正しいオシッコの拭きかた』にネット騒然 「学校で教えてほしかった!」 https://grapee.jp/417864多くの阿鼻叫喚コメントに漏れず、拭 ...

奈良を踏まえてカリマーのデビュー戦だった武田尾、新しいリュックを買ってほんとによかったです。 外ポケットのありがたさよ。そして初体験のおっぱいバンド(チェストストラップ)が、ものすごく楽で驚きました。画像はカリマー公式より。http://www.karrimor.jp/products/ ...

9/27(水)~10/3(火)に期間限定出店していたパンプスメソッド研究所、アフターです。この間、試着に行かれた方からメールを頂いたり、友達が行ってどんな様子だったか教えてくれ、わたしまでその場にいたようで楽しかったです。ありがとうございました。http://www.pumps2 ...

パンプスメソッド研究所のポップアップショップが、来週よりタカシマヤ4店舗で展開します。 詳細は告知ページに。 http://www.pumps288.jp/lp/パンプスメソッド研究所は日曜祝日が休業日なのが惜しまれていました。パートナーショップも関東ばかりだし、関西人としてはありが ...

いまさら著しく成長しないとわかっていても、わたしは自分の体は好きです。 でも、それでも一日だけでいいからボイン体験してみたかったなあ。 VRって自分の周囲が変化するだけで、自分の肉体は変化しないんだもん。 PSYCHO-PASSで服やメイク、外見もホロアバターでチェンジ ...

明け方の布団の中で悶絶しました。 あまりの痛さに「ああ……っ」って呻き声が出たほどです。 脹ら脛が攣ったとき、足先に頑張って手を伸ばし指先をぐーっと体側に倒す、つまり脹ら脛を伸ばすのが一番なのですが、先日はとうとうそれもできないぐらいでそのまま布団の上でバ ...

身体計測会ネタ、続きです。衣服を脱ぐ検査はなかったのですが、当然採血はありました。健康診断だと2~3本採られるところ、用意されていたのは6本。わーどんな細かい検査結果が返ってくるのかしらと、楽しみ。その採血の途中で血が止まったんです。(血が引けなくなったこと ...

ある研究に協力して、身体の計測会(心身状態含む)に参加してきたんです。健康診断にはない項目や初めて見る計測機、「これ知ってるー!」という機器もあり、あっという間の計測タイム。一番おもしろかったのは、血流測定です。 薬指の爪の生え際の毛細血管を、超拡大してみ ...

池井戸 潤といえば「半沢直樹」「空飛ぶタイヤ」。映像は観たことあれど小説を読んだことはありません。 だって間違いなくおもしろいでしょう… でも今回は、映像化されるとわかっていながらも読みました。ランニングシューズの話ですから! →ドラマ半沢直樹第一回の感想  ...

↑このページのトップヘ