のパソコンを買い替えました。

Windows7の設定いじりまくって「なんちゃってXP」機にしていたのですが、諸々支障が出てきてWindows10への移行を決意。

タブレットも考えたけれど、父がやっている作業と、なにより頸椎への負担を考えて日常的に頭を下向ける時間を増やしたくない。
現在の環境をできるだけ変えないよう、最後のデスクトップ機のつもりで中古でもそこそこのスペックを購入しました。
3年保証がついてる中古パソコンショップを利用。
購入した本体は売り切れてて、リンクできず。

パソコンの設定には慣れているのですが、正直Windows10がこれほどクソOSとは……
特にXP、7からの移行はかなりストレスが大きい。
しまった。

こんなことなら「なんちゃってXP」機にせず、早々にWindows10に移行していた方が、父にとって楽だったかも知れないと後悔しました。
いや、諦めへんで。

10の良いところを活かしつつ、父の

「前と同じにはならないって分かってるんやけど、ここをこう……」

という要望にはできるだけ応えたいので、奮闘しました。

●ストレスなく、楽しい思い出を

いちばんひどいと思ったのは、Windows10から導入された新ブラウザ「Microsoft Edge」です。
わたしはとうの昔にIEとは決別していて、Mozilla派。
だから、知らなかったんですよ。
父が愛用していた機能のことを。

設定作業を切り上げて休憩している間にも、父は「やることがない」といそいそ新しいパソコンに向かいます。

「壁紙に設定するのがないんやけど」

なんやて?
会員登録しているサイトから配信されている壁紙画像(カレンダー)を毎月設定していたのが、

「右クリックしても設定が出てこない」

パソコンの壁紙なんててんで替えないかつ、IEと決別しているから、父がそんな操作をしていたのも知らなかったです。
新ブラウザ「Edge」は、WEBサイトを「閲覧」することに特化したコンテキストメニュー(右クリック)しかないんですね。
Google Chromeにもありません。

コンテキストメニューはある程度自分でいじれますが、そもそも父はIE派です。
だったら、Windows10の規定のブラウザをIE11にして、タスクやデスクトップから不細工なまぎらわしい「Edge」のアイコン全部消してしまえばいい。

IEとEdgeのコンテキストメニューの違いが載っています。
記事が書かれたのは2015年。
現在Edgeはどれほど浸透したのか。

ブログの2019年7月月間アクセス解析より。
アクセス解析
ライブドアのざっくり解析でもIEの方が多く、
Googleアナリティクス
Googleアナリティクスのデスクトップユーザー解析でも、IEの方が多い。
会社ではなく自宅から閲覧されてるからかなと思うのですが、

こちらの2019年7月に書かれた記事に、
一般のユーザーで「Internet Explorer」を常用しているという人はもうあまりいないと思われますが(いませんよね!?)
とあるほど、「Edge」は一般ユーザーに浸透してないんじゃない?

Windows10でもIEユーザーが多いようですから今回のネタはわざわざまとめるほどでもないですが、マイクロソフトの困ったところは、記録に残しておきます。
IE
先を考えると父には日々ストレスなく楽しく過ごして欲しいので、新しいソフトが「是」にはならないんだよ。
「当たり前」で「便利な機能」であっても、失われている。
懐古主義と言われようと、わたしはXP、7がUI的にもいちばんだったと感じます。
10のUIは幼稚くさすぎる。
設定完了まであとちょっと、ゼイゼイ。

はがき作家
父が10年以上使っている年賀状宛名ソフト。ライセンス持ってるけれど、古すぎて……
宛名印刷だけなら、無料版で十分いけます。

----------
「マシュマロ」は、回答・返信なしのお気軽ツールです。
「マシュマロってなに?」という方→解説はこちら