えて時間を置いてUPするのですが、1月に「脱社畜サロン騒動」ってのがあったんですよ。

SNSやっててもこの騒動を知らない人のほうが多かっただろうし、一ヶ月以上経ったいま振り返ってみると、すごくくだらない。
騒動のザックリはこちらにあります。


「オーナーが「○○をすれば自分の力で稼げるようになりますよ」とどれだけレクチャーしようが、駆け込み寺に駆け込んでくれた人からすると、「正論」ではなくて「再現度」の方が前に来ちゃっているので、努力量が必要なアドバイスは意味をなしません。」

脱社畜サロンでなくてもネットにいる多くの人は、正論よりも手っ取り早さ、つまり再現度を求めていると感じます。
でもそれがいちばんの目眩ましで、遠回りになる。

では近道はというと、
P155「万能大皿」の項目より、
「禅の世界では、「心をかるくするためのたったひとつの方法は、世間の価値観やものさしを捨てること」といっています。
世の中のすべてに正解はありません。決めつけや押しつけに縛られず、一人ひとりが柔軟な判断で“自分流”を見つけることが、心を暮らしをかるくする近道です。」

結局自分に帰ってくるのです。だから

「重要なのは苦しい場所で粘るより「その時楽しいことをする」ということである。」
といういいオチがついたところで、出かけます。
いま楽しいことをやるのだ。

----------
「マシュマロ」は、回答・返信なしのお気軽ツールです。
「マシュマロってなに?」という方→解説はこちら