ンフォートボロネーゼを調整に行く(過去ログ)前日譚にあたります。

大丸梅田店の靴売り場でスニーカー(紐靴)をチェックしていたら、フィッターさんに声をかけられました。
「なにか気になる靴がありますか?」
実はアシックスペダラに足囲Dがこの春から発売されたと聞いて、履いてみたかったんです。
ちなみに事前にチェックはしていて、デザインはいろいろと無理。
PEDALA WALKING SHOES D
アシックスペダラ WP159T
https://www.asics.com/jp/ja-jp/pedala-walking-shoes-d/p/0010313400.020
この公式サイト本当になんとかしてほしいです。

楽天(↑)などよそのECサイトには「ボロネーゼ製法」とまで書いているのに、公式サイトには記載なし。
どういうこと??
他サイトの方がよほど見やすい。

店頭にはスムースレザーの黒とスエードのグレーがあって、わたしのサイズはグレーしかなかった。黒売れてるんだね。

「ほかに気になるものがありましたら、お持ちしますよ(^-^)」
こういう声がけ助かります。
うわさのメフィストを履いてみたいんです。
https://mp-life.shop-pro.jp/?pid=136351499
これの色違いかな。
緑がかった黒のエナメルがとても綺麗だった。色センスはさすがフランス。
メフィストは技術はドイツ、デザインはフランスというブランドです。

●歩行チェックの重要性


さてメフィスト、歩行チェックをしたフィッターさんが
「踵が動きますね」
そうなんです。
日本に入ってくるドイツ靴、メフィストもだけれど、本土には幅が細いのがあるはずなのに、代理店が幅広ばかり入れやがる。
案の定数多ドイツ靴と同じく、かかとが合わないです。
すごいテクノロジー(ざっくり表現)の中敷きが入っていても、踵が動くと意味ない。

アシックスのペダラに履きかえると、それはもう全然違う感覚でした。
かかとにくっついてくる!!
それと、ペダラシューズの正面写真がなくて残念ですが、足囲Dのシューズは足囲が小指にむかってすうっと低くなっています。
既存の2Eペダラとアウトソールを見比べさせてもらったところ、幅の広さは変わりなく見えます。いわゆる足幅(そくふく)。
でも、甲の高さが全然違う。
わたしは甲がうすっぺたいので、D木型の方が断然履き心地よいです。ボロネーゼ製法だし。

しかし、ああしかしデザインがミセス過ぎる。
2016年に黒のレザースニーカーを探したとき(シリーズ過去ログ)、当然ペダラもチェックしていますが、デザインでバッサリ候補外にしました。

メフィストよりも断然木型はいいのに、デザインのせいで履けないペダラ。
だってわたしの服と合いません。
足に合ったって服と合わないなら気分が上がらない、履かなくなります。
でもよい体験をさせていただきました。
ペダラにはもっと言いたいことがもりもりありますが、この辺にしておきます。



■現在受付中のイベント■
1月17日(木) 『ブロガーが見た靴・足業界の不思議』

あしラブサロンにゲスト登壇します。
ブログに書いていないことを話す予定。
詳細はこちらをご覧下さい。