室でユウセイくんに、
「先生、いっこだけ力がもらえるならなにがいい?」
と聞かれました。
唐突やな。
「力ってなに?」
「瞬発力とか!」
なんだ、ドラゴンボール好きのユウセイくんなので、もっと超常的な力かと思ったわ。
マンガ脳のわたしは「力がほしいか(ARMSのアレ)」が浮かんじゃったじゃないの。
ARMS
クリックしたらGoogle画像検索に飛びます

ARMS(1) (少年サンデーコミックス)

マンガはこっち。全22巻。

「そうねえ、特にほしい力はないなあ」
「先生大人やもんなー」
スパイダーマンの名台詞に「大いなる力には、大いなる責任が伴う」というのがあります。それを知っているので、身に余る力に興味はない。確かに大人だからかもね。

「強いていうなら、体力」
「体力か! じゃあおれは視力!!」
ははは(笑)
たしかにメガネ生活から解放されたいねえ。でもわたしはひとつだけといわれて視力が一番になるほどではないんです。
体力だわ。
なにをするにも体が基本、視力がよくてもからだが追いつかなければ持て余すだけ。だから視力が一番といえるのは、体が元気でもある証拠だな。

なお体力なんて、自分の生活を変えればついてくるものです。
変えたくないのに欲しがってる、怠惰な大人ってことだよ。