2月にひっそり炎上していたVOCE3月号掲載の、4月号予告見出し「『イエベ族』を救うワザ101」についてです。

■なぜ「“イエベ族”を救う裏ワザ」は炎上したのか
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11825
「勝手に“救済”するのは売る側の都合」
女性向けファッション誌もコスメ誌も、基本スタンスこれ。
今の状態を問題だと思わせないと、売れないもんね。夢を売っているようで実は不安ビジネスです。
炎上した見出しは発売予告だったので、デジタル入稿の修正が間に合ったんでしょう。
見出しを変更して現在発売中です。


VOCE 2018年​4月号【雑誌】

どうなったのかといいますと、
https://i-voce.jp/magazine/magazine_voce/
VOCE
「イエベさんの疑問を解決!」
苦々しく修正したんですかねー(棒読み)
 
さらに5月号予告では、
VOCE
「イエベ映え美人リップ」
媚びてる媚びてる。
イエベに理解ありますよ~って二号に掲載分けたんですか? ラジオの2本録りみたいに。

VOCEは10年以上前からこういうユーザー舐め腐った特集で何度も炎上しています。
ポリシー皆無脳みそ空っぽなところ、ずっと変わってませんね。編集部員の刷新、してないんかな。

●こんな特集は罪だ


メイク系は3人が監修しています。
一人はカバマの方でした。
カバマの方がいるのでも分かるとおり、この特集、あくまで“イエベ”であってパーソナルカラー4シーズンの春秋特集ではありません。
ざっと目を通して、そこんとこ要注意だと思いました。
(カバマのジャスミーカラー理論はパーソナルカラー理論と別物です)

カバーマーク エッセンスファンデーション ボトル 30g YN00


冒頭のイエベのおさらいで手首の血管の色をネタにしていて、これによりパーソナルカラーのイエベと自己診断する人絶対出てくるでしょう。
オススメアイテムの中に、ブルベスレで祭りになっていたアイテムがありました。
イエベスレも読んでいますが、これあっちで話題になっていたっけ? と過去ログ遡っても、ブルベに比べればささやか。でもこれはパーソナルカラーの特集じゃないからね!!

なぜかイエベ向けのオススメ洋服まで紹介されていて、ほんの数点なのに監修が大草直子さん。
VOCEのターゲット年齢的に大草さんは影響あるの?
薦められているのはラベンダーのトップスで、ご存じのとおりラベンダーが似合うのはブルベ夏。冬のわたしでも全然ダメですが、これはパーソナルカラーの特集じゃないからね!!

VOCE 2018年​5月号【雑誌】

次号、5月号は3/23(金)発売。
変にお題目を上げずとも、いっそ付録とカタログに徹した方が世のためじゃない?