10月に無印のウールシルクニットについて書いた(過去ログ)その後です。
季節が変わりウールシルクよりもカシミア、ウールニットの方が増えてきたので、作戦変更です。
まずはおなじみユニクロ。

■カシミヤVネックセーター(長袖)
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400349

ユニクロオリジナルのカシミアニットは、生地が薄いし形も合いません。
ユニクロ カシミア
致命的なのがこれ。
袖口と裾のリブの上にできる、ぷっくりした部分。
山崎さんのブログにはメリノVネックセーターで同じ例が出ています。

■ストレ-トタイプにお勧めの今季Vニット比較 ユニクロvs無印良品
https://ameblo.jp/color-style555/entry-12333276542.html

ゆったりシルエットが流行りなのもありますが、ユニクロオリジナルのニットは概ねこういう裾なんですよ。
色がいいなと手に取って広げてみたら、なんかシルエットがもっさりしている。試着室まで持ち込めない。
このぷっくりが合う人は羨ましいです。コスパいいですから。
なんでイネスのニットばかり買っていたのかというと、イネスニットはぷっくりがなく切りっぱなし的デザインになっているからです。(2015年に買っています

●UNIQLOにないならどこに行く?


もはや百貨店に出向くのは、『ユニクロ、無印にない』ものを探すためになりました。
そして百貨店だって売れ筋に右にならえですから、事前にチェックしておかないと無駄足になります。
目にとまったのはタカシマヤオリジナル。
今年のカシミアコレクション、監修が大草さんです。
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/cashmere/index.html
さすがVネックはラインが綺麗。
タカシマヤ
袖口と裾がフラットでしょう。
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/special/cknit/0950000552/0950000554/product.html?p_cd=0001334951&sub_cd=001
オンラインでは売り切れていますが、11月に行ったとき普通に店頭にありました。いまはどうだろう。
難波の大阪タカシマヤ1階、ど真ん中めっちゃええところにありましたよ。
どの百貨店もPBでニットなど作っていますが、タカシマヤも同様でカシミアニットやマフラーなどごそっと展開、お客さんもたくさん。
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/ladies/0150000232/

タカシマヤは梅田の百貨店に比べて年齢層上です。でもそれが功を奏して、売り上げは実はいいんです。
他で買えない人が“ここならば”と集まってくるので、そこにちゃんとしたモノが置かれていたら売れるってことだ。

肝心の大草さんのカシミアは、予想通りまずカラバリが合わなかった。
いい色なんですがイエベ系、そしてサマーのライラック。わたしに合うの唯一は黒という。黒なら要らない。
あと生地が薄いと感じました。
なにと比べてというと、手持ちのイネスカシミアです。
あれ相当地厚なんですよ。編み目もみっしりしているし、ユニクロのオリジナルもあそこまで厚くない。
タカシマヤのオリジナルニットの赤がいい色だったのですが、クルーネックしかなかったのでパス。

色が合わないことと混み合っていたので試着はしなかったけれど、ターゲットとラインがちゃんと練られている商品は売る方もやりがいあるだろうなと思いました。
このあとタカシマヤでは他のお買い物をしています。
ニットネタのあとにUPするとして、次の狩り場へ。