9/27(水)~10/3(火)に期間限定出店していたパンプスメソッド研究所、アフターです。
この間、試着に行かれた方からメールを頂いたり、友達が行ってどんな様子だったか教えてくれ、わたしまでその場にいたようで楽しかったです。ありがとうございました。
パンプスメソッド研究所
http://www.pumps288.jp/

計測と試着はじっくり時間をかけて丁寧で、歩き方もちゃんと見た上で痛くなるところの解説や調整などもされ、これこそが本来の靴選びであると思いました。
友達は革の色も決めてオーダーする気満々でしたが、最後にもう一度試着したときに、窮屈というより痛みを感じ、それを聞いた担当さんにいまオーダーしても履かなくなると思うのでやめておいた方がいいですよ、と止められたそうです。
いいなあ。
試着して、しかも気に入った革があったらもうテンション上がってオーダーしたくなりますよ。
友達もほんとにその気でしたから。
「やめておいた方がいい」と言えるのって、すごいです。

甲がオープンなプレーンパンプスは、一番フィッティングが難しいです。
↓こういうタイプ

エナメルパンプス/2way/8.5cmヒール/ストーム/ラウンドトゥ/低反発/クッション

ウィズの明記はないけれど、底幅6.5cmに注目

わたしは自分の足がどういう状態か知っているので、まず手を出さない。
だから、これくらい慎重な態度でいいんですよ。

なお、平日午前中に行った友達が試着が終わって泣く泣く売り場を去るとき、5人くらいが接客待ちだったそうで。
他にもレポートを読みましたが、あの告知のなさで盛況な方だと思います。

次回、来年の3月か4月にまた出店の可能性があるそうです。
どこでそれがわかるのかというと、
「ホームページをみて下さい」
それがアテにならないから、困るんですけどね……
前回ぶーぶー言ってたリンクの件、いまは解消しています)
ホームページはただそこにあるツールなんです。実際に動くのはSNSに連動してこそ。
無料でできるんだから、ツイッター、FB、インスタを総動員して告知して下さい。

今回来れなかった方も、次回この形を履きたいとかサイズの要望を出して下さい。
ほしいものは具体的に口にしないと手に入りません。
そしてお買い物ができた方は、靴の調整はタカシマヤでして下さるそうなので、じっくりお付き合いを。


なお、靴ネタはFBページのほうがよくポストしています。