年から使っている下地です。
BBクリームではなくCCミルク。
2017-05-11_11h53_58
CCクリームの意味を調べてみると、
https://allabout.co.jp/gm/gc/448158/2/
「BBクリームは、カバー力がありファンデーションに近い存在。一方、CCクリームは、肌色補正やツヤといった、美肌効果に優れているので化粧下地としての役割が高いですね」(夏目さん)
へ~ 
BBクリームは重たそうなので使ったことはありませんが、仕組みが違うんですね。
そしてクリームではなくこちらはミルク。でもそのわりにはしっかり毛穴カバーしてくれてつるんと仕上がります。

ところがサナのWEBサイトにはなんの情報もないんです。
http://www.sana.jp/index.htm
ナチュラメールというラインはパッケージデザインから見てもマタニティ向けのようなのですが、なんせサイトが全くヒットしません。
もしかして期間限定、店舗限定ならネタにするのもなと様子を見ていたけれど、いまでも売られているので店頭の写真を撮らせてもらいました。
サナ ナチュラメール
サナ ナチュラメール
「ママと共同開発」「石けんで落とせる」っていうの見えるかな。 クリックで拡大します。

CCミルクはテクスチャがやわらかくってすごく使いやすい。
そして最近徐々に減ってきているピンク系の下地です。
ブルベにはピンク系が嬉しい。 (わたしは冬クリアー)

アットコスメにも同じくブルベの方がレビュー書かれています。
http://www.cosme.net/product/product_id/10125720/top

つけてみると白くぱっと明るくなり、ミルクと思えないほどカバー力があります。それでいてちゃんと石けん洗顔で落とせる。
最初これまでと違ってえらく明るく見えてしまい、
「ちょっとこれ、明るすぎない!? 白すぎない!?」
って周囲に訊いたのですが、むしろそれぐらいの方がちょうどいいと言われました。白浮きはしないのでいい感じに馴染みます。冬の間乾燥しなかったのもよかった。

なお塗り方が普通の下地と違い、
https://allabout.co.jp/gm/gc/448158/2/
CCクリームならではの塗り方もあります。「CCクリームはツヤ、透明感を高める効果がありますから、顔全体に塗るのではなく、顔の正面を中心に塗ります(顔の側面まで塗らない)。顔の中心に光が集まることで、立体感も生まれフェイスラインもすっきり見えますよ」(新見さん)
…知らずにこの冬全顔に塗っていましたよ。
カバー力があるからこれとフェイスパウダー、チークで十分。
ちゃんとしたいときはレイチェルワインのファンデーションなど重ねます。

カラバリは01 ピンクベージュと 02 ミルキーベージュ 
1,200円+税
SPF25PA++

プラザ、カラーフィールド、ロフトも探したのですが全く見かけません。
イオン以外どこで売ってるのかな。
そしてわたし、夏の定番ブルー系下地は買ったことがないです。

■イベント案内■
軍師のお茶会~夏の陣~ 
5/18(木)14時 満席御礼!
5/20(土)14時 
満席御礼!
明日です(^-^)