温が上がると思い出す、レーヨンの苦い思い出を。
前回UPした書籍「ファストファッション: クローゼットの中の憂鬱」(感想)にレーヨンのことが出てきたので、素材ネタです。

2012年にバナリパで夏物ワンピースとカットソーを購入しました。

ワンピース / レーヨン(モダール)92% ポリウレタン8%
水洗い× ドライのみのマーク →クリーニング行き

カットソー / ポリエステル56% レーヨン46%
洗濯機弱30°以下 ドライ○ →家洗い可

なので、カットソーをエマールで手洗いしました。

Kao エマール アロマティックブーケの香り 本体 500mlエマール

まだハイベックを買う前です。

ギョッとしたのは、エマール液に浸けたとき既に表面が毛羽立ち様子が一変したこと。
そして脱水を10秒ほどしたのですが、表面に細かい毛玉的な毛羽立ちができていました。
洗濯機から出してみて、表面が白っぽくなっていたとき目が点。

おかしい、なにこれ!? 

洗濯する前に念のため検索していた候補が残っていて、クリックしていなかったところをぼちっとしたら、まさに同じ現象について書かれていたのです。
そのサイトもう無いけれど書かれていたことは、洗濯機○のマークはまるっきり偽りありなんですって…

今後の参考にこちらを貼ります。
レーヨンを自宅で洗う際の洗濯方法と注意点とは?

服を買うときは洗濯できるかどうかを確認しています。
バナリパでももちろん店員さんに確認してこのマークを信じていたのですが、たった一度でケバケバの見窄らしい有様になり、これは一言言わないと気が済まなくてお店に行きました。
洗濯表示
洗濯表示は家庭で洗えるって書いているから買ったのに、手洗いしてこの有様です。
家庭で洗えないなら買わなかった。

そう言ったところ、いかにも下っ端の店員さんは、
「洗濯されたものは、あいにく返品交換できないんですが…」

わかっとるわ!!

ただ、この洗濯マークは間違ってるし、このマークじゃなければ買わなかった。
そのことを、申し上げたいのです。
同じもの交換してもらっても洗濯できないのなら意味はない。

後日洗濯のプロにこの一件を語ったところ、洗濯表示がそれで水に浸けて毛羽立つというのは、アパレル側(作る側)に問題があったと考えられるよと。
ただレーヨンはもともと洗濯に難しい素材なので、洗濯をまめにする春夏衣料の場合要注意です。
わたしはこの一件から、バナリパは綿素材以外手を出さないと決めています。
ファストファッションの本を読んで、今後素材が改善されるとはとても思えなかったので、いまごろですがネタにしました。アメリカアパレルはほんと素材がひどい。
特にバナリパはファストファッションほど安いわけでもないから、価格と品質が釣り合わない点でも×。すぐにセールするし、所詮GAPです。

ではユニクロはどうなのか。
エアリーブラウスはレーヨンが50%以上入っています。シワになりにくいイージーケアがウリ。
2015年のアイテムですが洗濯してシワ検証したブログがあります。

ユニクロレーヨンエアリーブラウスを洗濯検証!シワになりにくいの?アイロン不要の白シャツを求めて。

毛羽立ちなんかないし、ネタバレしますが洗濯一日目でシワが残っていても、二日目はシワがもっと薄くなって“シワになりにくい”という結果です。これ複数ブログで検証されていたのがおもしろい。
2015年でこれなら、2017年は改悪していることはなかろう。
そういった積み重ねがあるので、禁断のレーヨンにユニクロならばと手を出しました。
むしろこれが普通で、一回の洗濯でダメになるバナリパがどうかしてるんですよ。


ハイベック プレミアムドライ 洗剤1100g スーツ ダウン

洗濯植物系ドライ溶剤配合洗剤

ハイベックは香りがない点も好き。
問題のバナリパ ケバケバカットソーは処分しましたが、ワンピースはハイベックで洗濯しています。
しかしいまだに洗濯のたび色が抜ける恐ろしい生地…