連休ですね。せっせとカシミアニットをホームクリーニングしています。
19日(日)の朝日新聞朝刊にパンプス選びの記事が掲載されました。

「(くらしの扉)新生活のパンプス選び 長さ・厚み測り、自分サイズ」
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12849108.html?rm=150
無料会員で全文読めます。
朝日新聞 新生活のパンプス選び 長さ・厚み測り、自分サイズ
朝日に限らず新聞各社、雑誌メディアでも年に一度はこういったパンプス選びの特集がされています。
多いのは、これまであしのサイズを測ったことがない方が記事担当している。
だから担当に選ばれているのかしら?

2014年はバチェラーシューフィッター林さんがインタビューされている記事が朝日新聞に掲載されました。 (過去ログ
うーん懐かしい。

今回のアドバイスはパンプスメソッド研究所に聞きに行っています。
パンプスメソッド研究所のWEBサイトにUPされている「研究レポート」はまだ2点しかないのですが、いずれもとてもおもしろいですよ。
http://www.pumps288.jp/report/

Vol1 3D計測の結果通りのサイズで、パンプスがピッタリ履けた方は約20%だけ!
「実に57%の方が “3D計測結果より細いパンプスを選んだ”ということになります。」
288もの木型があっても3D計測でこの結果です。
だから、3Dだけをウリにしているお店ってリピート率どうなっているんだろう。

Vol2 計測及びパンプスをフィッティングした結果、実際に左右別々のサイズを選ばれた方は、約45%!

これはタイトルで全てですね。
621人のカルテデータの集計です。

もっとデータが集まるとおもしろい分析が出来そう。
そしてパンプスメソッド研究所のWEBサイトにはなんの告知もないのですが、朝日新聞の記事文末にサラッと大事なことが書かれていました。
「3月中に群馬・高崎と東京・池袋と千駄木に支所ができる予定。」
関東ばっかしやん! 
関西にも来てー! 関西人のあしのサンプルも取ってー!
支所ってことは288の靴サンプルもちゃんと揃うのだろうか。あれがないと意味ないですよね。