日靴選びWSのご感想(1/29ポスト)をUPしたのですが、感想を下さったしゃれみつさんがご自分のブログにレポートを書いて下さいました。
これがとても興味深い内容で、同じような方の参考にもなりますし、どうぞご覧下さい。

■20kg太ったら靴が入らなくなったので、セミナーで勉強してきた
(しゃれみつさんより、ブログの2018年9月末閉鎖にあたり、掲載されていた図と文の転載許可を頂きました)

しゃれみつさん
1年半で体重が20キロ増。

靴がパツパツになるとサイズを大きくするのは、めっちゃよくわかりますよ。
パツパツにならなくても、どこかが当たっただけでも「この靴小さいんかな?」って思うものです。
しゃれみつさん
しゃれみつさん
私は太って服が入らなくなったので「Mサイズ」からほぼ「LLサイズ」に買い替えました。身長は変わっていなくてもサイズは変わったのです。あと、服は袖丈が余ってもお直しで丈を詰めることができます。
しゃれみつさん
でも、太っても靴のサイズは「22.5cm」のままでした。太って影響を受けるのは幅やかかとの太さなので、サイズではなく選ぶブランドや形を変える必要があります。靴の「サイズ」は人間の身長と同じで、太ってもほとんど変わりません。太ったからと言ってサイズを大きくしたところで、靴はカパカパ脱げるだけです。
体重変動による足の変化、脂肪がどんな風につくのかすごくわかりやすい。
なるほどこんな感覚なんですね。 丁寧に分析されています。
かかとのサイズ計測はご希望の方にわたしがやっていました。かかとこそ、セルフ計測が難しいです。

しゃれみつさんは、フォーマルのドレスコードのためちゃんとパンプスを履こうとしたのがえらいです。
男性の場合は体重が増えても靴ひもを緩くするなどで対応し、自分の足やサイズを見直すケースって少ない。
街を見ていても靴の踵がすり減ったのをそのままにしている男性がまだ標準です。
男女のからだの違いもありますが、ご自分で感じた疑問をそのままにしない姿勢が素晴らしいです。
これから生きていく上でも、その姿勢は必ず糧になりますよ。

図と数値入りでとってもわかりやすいレポート、ありがとうございました(^-^)
すでに何度も読み返しています!