学校就学前のお子さんは、宿題をすることが習慣づいていません。
幼児さんが体験に来られたとき、親御さんにはご家庭で学習する環境作りが大事だとお話しします。
別に勉強机がなくても、キッチンのテーブルでもいいんです。
ただ、「勉強の時間」という環境を作ることが大切。

それと、宿題を「見える化」することです。
○枚やりなさいと言っても、大人にはほんの数枚でもお子さんには量が把握できません。
なんせ集中力30秒の世界です。
なんでできないのと言っても、仕方がない。
最初から、一回の量を見せておくといいです。
宿題ボード
ダイソーで買ったコルクボードに、カレンダーをペタ。
ピンを刺して、一日の宿題教材をダブルクリップで吊っておきます。
宿題ができたら、カレンダーの日付にチェックマークを入れる。
毎月何個チェックマークが溜まったかカウントし、先月よりも出来ていたら、がんばったね!
ご褒美を上げる必要はなく、ただ頑張ったことを認めてあげるだけで十分です。
だってそれまでやったこと無いことにチャレンジしたんだから。

ちびむすドリルという幼児からの無料知育教材サイトにも、いいものがあります。
子供 月間生活表
日曜始まりと月曜始まりがあるのも素晴らしい。

アイコンマーク式 / 音読・読書チェック
アイコンマーク式 / 生活・歯みがきチェック
この辺が、宿題ボードに使えそうかなと、プリントして教室案内に入れています。

こういった宿題ボードにちびむすの生活表、お子さんの反応はすこぶる良いです。
特に宿題ボード。シールを貼りたがります。
でも、紹介したとして実際に親御さんがやっているかどうかはわかりません。
わたしができるのはここまでなのです。
喜んでいる様子を見ると、全員にプレゼントしたくなりますけどね…

それにしても、いまは無料教材サイトがたくさんあってすごいです。
プリンターがあれば(なくてもコンビニ出力できます)、消耗品のみで学習できる。
もういっこ有名なのはぷりんときっず。
こちらはコラムをよく読んでいます。
過去ログに算数の公文ネタも。

■国語が嫌いな子は学校嫌いな子に育ってしまう(ぷりんときっず)
http://print-kids.net/column/importance-of-kokugo/
社会と理科って3年生からなんですね。

夏休みの宿題は7月に全部仕上げる、前倒し派のNAZでした。


■現在受付中のメニュー■
あしを守る靴えらびWS」 
8月スケジュール決まりました
【第一部】7/22(金)19:15~、8/26(金)19:15~ 定員各4名

これまでのご感想はこちらです