選びWSにご参加中、学校の制靴について質問がありました。
息子さんの履かれている制靴が気になると。

幼稚園・学校の制靴問題は、日本の靴文化が遅れていることの象徴です。
ようやく近年は足育(あしいく・そくいく)関係者の啓蒙で親御さんの知識が高まり、あしにいい靴を選べるようになってきたのですが、
「幼稚園にひも靴を履かせていったら、“他のお子さんより履き替えがおそいから困る”と靴を否定された」
こんなことが罷り通っている現状です。
集団生活を送ることが優先されるため、足靴に関しては二の次以下になるのです。

しかし、親御さんも一考されています。
フェイスブックで流れてきた報告に、医師に一筆書いてもらい、制靴以外の靴に許可が下りたというのがありました。
すごい!
また、一筆がなくとも事情を説明したら許可が下り、制靴から解放された方もおられます。

こちらのブログにある“あしに悪い靴”の例は小さなお子さん向けですが、

■春になると指定靴との戦いが始まります:幼稚園児・小学校低学年に必要な靴とは? (フラウプラッツ)
http://ameblo.jp/frauplatz/entry-12137035316.html
写真入りでわかりやすいため、説明に使いやすいと思います。

知り合いから「娘がローファー履きたいって言い出してるんだけれど」と相談を受けたときは、以下のサイトを案内します。

■この春、中学や高校に入学する娘さんがいるお母さんに贈る、大切なローファーの選び方。 (Life Style Image)
http://lifestyleimage.office-kabu.jp/?p=4561

そのお子さんがスポーツやダンスなどしている場合は、特にローファーは勧められません。スポーツがしたいのなら、あしのための靴を選ばないと、と重ねて理論立てます。

●なんのための制靴なのか


WSのあとにこれらのURLをご参考下さいとお送りしたところ、先日ご報告をいただきました。
先生からはローファーじゃなくても
「紐を結ぶなら紐靴でも良い」
と言われたそうです。

お子さんは高校生だから、もちろん紐は結べます。
学校側が紐靴を忌避するのは、紐をちゃんと結べなくて踏んづけることがあるのも理由の一つですが、自分で結べたらいいのです。

クラスにもすでに紐靴の男女がいるそうで、さっそくポディアさんに行かれて靴を買い替えられました。
新しい紐靴のサイズは28.5cmウィズC。わあ細い。
そら既成のローファーだと合わないはずです。
ローファー
これまで履いていたローファーはこちら。撮影:息子さん、上手ですね。
最初に見たとき『箱を汚さないように、布ひいてるのかな?』と思いました。
違う、これつま先が破れてる!!
男子のからだって全然違うんですね。履き口の開きといい、よく歩き続けることができたと驚きます。

新しい紐靴の感想は
「歩くのが楽だった」
ですよねー。
それまでは「靴を運ぶため」に歩いていたので、新しい靴だと体の使い方が違っていると思います。

今回は私立高校のケースです。
画像と買い替えについて、ブログ掲載に快諾をいただきありがとうございました。

わたしができるのはお伝えすることで、情報をどう活かすかはその方次第です。
こういうご報告は本当にうれしいです、やっててよかった(感涙)