トレートタイプにガウチョはいろいろ難しいです。
まず中途半端な丈。
そして、ストレートお得意のセンタープレスマジックが効かない。

どんなアイテムでもそうですが、出たてのファーストシーズンは素材も型紙も未熟です。
第二期第三期になってくると、素材と型紙がこなれてきて落ち着くのですが、今の時期のガウチョはタックが多いです。
じゃあプレスのないすとんと落ちたラインとなると、生地が緩すぎたりで、なかなかハリのある生地に会えない。
たまに出会えてもハイブランド。
そこまでファーストシーズンのトレンドアイテムにつぎ込むほど、ほしいアイテムじゃないときた。

2015AWは深刻なボトムス不足で、あちこちでウールのパンツを探しついでにガウチョ、ワイドパンツを試着しました。
で、決定的にマズいのは、この『ハの字』ライン。 
クード シャンス ガウチョ風パンツ
COUP DE CHANCE/クード シャンスのガウチョ風パンツ
http://item.rakuten.co.jp/world-direct/r014420150118766313042/?l2-id=pdt_shoplist_title#10962875

腰回りにタックが入ると、ウエストとヒップの差が大きいわたしはこの画像よりさらに開脚したハの字になります。
さらにセンタープレスが入れば、「殿中でござる」。
で、足首に向かって急速に収束。
ストレートの縦ラインが乱れまくりです。
重心がおかしなことになって、鏡に映った姿が奇妙。
店員さんは「見慣れないからですよ」と慰めてくれますが、そんなこたないわ…

街にはこのようにハの字になったシルエットの人はたくさんいて、うまいこと着こなしている人を見かけますが、体格に共通点があるなと思いました。
とりあえず、今季ガウチョのタックパターンは腰回りにのってくれないので、全スルーです。

わたしが似合うのは

・まっすぐライン
・ハリがある
・丈いっそ短い(それショーパンやんけ)

これもうガウチョではなく、細めのワイド、またはストレートパンツの変形。
数年前のワイドパンツの方がよほどましなので、ガウチョの波は見送ります。
で、実はルメールを買った翌日にもう一本パンツを購入しています。
探し回った甲斐がありました。

■10月分受付中■
定員は、各4名です。
「あしを守る靴えらびWS」
【第一部】10/23(金)19:15~
【第二部】10/30(金)19:15~
ご感想はこちらです

第二部の季節ネタ、今期は2015・2016年トレンドからみるお得アイテムをお伝えします。