イクブラシのお手入れ(この日記)と一緒に、ミラーもきれいにしたんですよ。

ミラーってメイクに使ったティッシュで最後きれいにするのですが、手の皮脂や、マスカラ、アイブロウマスカラなどが点々と残っていくんです。
特に困るのが、アイブロウマスカラ!
アイブロウマスカラは、ブラシを眉毛の生え方に逆らうように動かしてから、毛並みを撫でるように往復して塗ります。
この逆らうときに眉毛からピッと飛ぶようで、ミラーに点々と茶色が…
とってもちっちゃい点で、爪でかいても取れやしません。 ぐぬぬ

そこで登場するのが、メラミンスポンジ。100均バンザイ。
それとお湯。
やかん
熱湯じゃなくていいです

マスカラやアイブロウマスカラのメイク自体がお湯で落ちるタイプなのと、脂には水よりお湯です。
お風呂と同じかちょっとぬるいぐらいのお湯をたっぷり鏡につけて、メラミンスポンジで軽く撫でると、茶色い点々がみるみる浮いてきました。
ぴっかー☆

ただし、これはわたしのメイクミラーが曇り止めなどしていない、ごく普通のミラーだからです。
洗面所やお風呂のミラーはたいてい曇り止め加工しているので、メラミンで逆に傷がつくため絶対ダメ。

ポイントは「お湯(または水)」+「擦るより撫でる」です。

こちらに残念な写真入りで詳しく解説されてるので、「魔法のアイテム手に入れた! やっほー!」といきなり磨かず、お目通しを。
メラミンスポンジで磨いてイイ場所・ダメな場所をご紹介!!(iemo)

わたしが使っているメイクミラーは、三面鏡タイプのこれです。
リンクは本体白ですが、色違いの黒もあります。
製造元の株式会社ヤマムラ(ヤマギワでもヤマゼンでもない)は、大阪の会社です。
ちょっと小さいけれど、勉強机でメイクするにはちょうどいいし、鏡面をフタできるのがわたし的に重要なのです。
それと、本体が白いスタンドって意外と店頭にない。
360°回転し、角度も変えられます。
現在2台目。

■10月分受付中■
定員は、各4名です。
「あしを守る靴えらびWS」
【第一部】10/9(金)19:15~、10/23(金)19:15~
【第二部】10/30(金)19:15~
ご感想はこちらです

第二部の季節ネタ、今期は2015・2016年トレンドからみるお得アイテムをお伝えします。