ではなく、頭皮のオイルクレンジングです。
専用のオイルでなくとも、メイク用のクレンジングオイルやココナッツオイルでも○。
こんなの流行っていたんですねー

【実験オイルたち】
・綾花メイク用クレンジングオイル
 綾花 クレンジング オイル
うちにあるのはこの旧パッケージ、いまは同成分の新パケでシルキークレンジングオイルという名称です。

・ココナッツオイル
食べるのはダメでしたが、その後メイク落としに使っていました。

・うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー

【実験してみたよ】
まず綾花のオイル、頭皮だけでなく洗っている時から髪の毛がさらさらしてきました。
わお! わたしの髪あぶらっぽかったってこと!?(´;ω;`)
ココナッツオイルはオイルをつけてマッサージ後、つけたままからだを洗ったりそのままトリートメントにも使いました。そのせいか、一番さらさらになったのはこれ。
うる落ち水クレンジングはヤバかった。べたべた。
その後シャンプーしてもなんかしっとりというか、べったりな仕上がりに。
水クレンジングだし、成分が違うから適さなかったんだと思う。 わたしが悪かった、すまん。

というわけで、水クレンジングのように分離タイプでなければ、オイルクレンジングで頭皮マッサージをするとつやーんとさらーんとしました。
2種類の比較ですが、ココナッツオイルの方がさらーんとしましたよ。
オイルで洗ったのに、さらーんとするのがおもしろいです。
だいたい週一回ぐらい継続中。
次回はスカルプシャンプーです。

★関連記事
洗髪後のドライの方法でクセがとれるよ編
シャンプーブラシ編