風18号、直前までの予想に反して大阪は直撃を免れました。
わたしの持論なのですが、「天皇のいた都は台風が来ない(被害が少ない)」というのがあります。
天皇のいた都(みやこ)=大阪、京都、奈良
都の造営に陰陽師の知恵と、いまでいう地政学も含めていたら、自然災害が少ないところだろうなと思うのです。
※室戸台風(昭和9年)、ジェーン台風(昭和25年)、第二室戸台風(昭和36年)を知った上で書いています
ざっくりとしたイメージで論文の有無も知りませんが、台風の時期にはそんなことを思いながら進路を見ています。


さてタイトルの髪の毛ネタ。
その1と書いていますが、髪の乾かし方でハネがまとまるという以前の日記(これ)と連動しています。
ドライ方法を変えてから、起床してからも右側は見違えるように毛先がくるんと丸まるようになりました。
昭和の少女マンガみたいなお嬢様スタイルになり、おもしろいです。
冬を見越してショートにするつもりだったのに、どうしましょう。

次に気になるのは、髪がシャンプー後にどっしり重いです。
いつからこんなことになったのだ。
別に臭くはないしフケもないけど、頭皮の状態良くないんかな。
シリコンシャンプーじゃないのですが。

そこで手っ取り早く、頭皮ブラシを試すことにしました。
シャンプーブラシともいう。
こういうやつです。

ドラッグストアにいくといろんな種類があり、どれがええねんとなっていくつかレビューを読み込んでいくと、
「100均の方がましだった」
というコメントを散見。
だったら、100均でまずは試してみようとダイソーへ行きました。

ダイソーにもシャンプーブラシは種類があります。
絡まった毛をとるシートつきのものと、本体がパカッと開くタイプ。
シャンプーブラシ
買ったのは、この本体がパカッと開くヤツ。
もういっこのは歯が短くて、毛量の多いわたしの頭皮だと動かしにくそうだったから。
それと本体が開くってことは、湿気の多い浴室でカビが生えるのを防ぐかなと思ったんです。
※別の日に行ったら色違いのグリーンも入荷していました。のちに男性用も。

これは使ってみていい感じです。
よく、“指の爪を立てずに頭皮に円を描くようにマッサージする”と見かけますが、だからね、毛量が多いからね、しんどいんですってそれが。
頭皮まで行き着かないんですよ。
このブラシだとさっくり頭皮に歯が届き、楽々~~~~
シャンプーの泡でまみれてもちゃんと握れる。
頭頂に皮脂が多いそうですが、頭頂に限らずあちこちコレでがしょがしょやっています。
気持ちいい。なんて便利なの!

髪の毛ネタはほかにも現在進行中。その2クレンジング編その3スカルプ編
そして、ユニクロと無印にニット類が入荷しています。
いそいそ見に行ったので、これもまとめ中。