紡木たくではなく、電車の中でのことです。 (紡木たくの現在については、次の日記に書いています。)
つり革持って立っていたとき、目線を落とすとシートに座っている乗客の大半がスマホを見ている。
中にはでっかいタブレットも。
スワイプしている指の動きで、ああゲームしてんだな、ダマダマ連結させてるんだなというのがわかりますが、うつむいている乗客の目をなんとなく見ていたら、瞬きの回数がわたしと全然違う。

わたし:4~6 回
のあいだに
プレイヤー:1回

めんたま乾きまくるやろ! としげしげ見てしまった。
相手はうつむいているしゲーム画面に集中しているので、わたしの凝視に全く気がつかないです。
時々指が止まるおそらく面クリ状態の時、ぱちぱちっと回数が増えるのですが、指が動き出すとまぶた固定。

でも、電車内で書籍の小さなフォントを読むより、そこそこの画面でダマダマをスワイプする方が、まだ目の疲れはましなのかもと思いました。
明らかにフォントよりゲームのダマダマはでっかいです。
パズルゲーム
ダマダマはこういうの。Google画像検索「パズルゲーム」

わたしは車内で座れたら、寝ます。平和ジャパン。