日ロルフィングが10回終了しました。
楽しかった。
しかし、これからがスタートです。

これまでの谷九探索日記は、ロルフィングの帰りだったのです。
7月の日記 いくたまさんその1 茅輪(ちのわ)がありました
その一週間後、いくたまさんと高津宮へ 夏祭りです
そのまた翌週 高津宮 夏祭り 蝉の羽化と蚊の話

谷町九丁目に通い続けて、いろいろおもしろいことがありました。
駅からサロンまですぐなのですが、この間不思議カップルに遭遇したのです。
若いお姉ちゃんと、おっさん。
お姉ちゃんは駅までこないで手前の雑居ビルにバイバーイと軽やかに手を振って入っていきます。
おっさんはひとり満足げににまにまと去ります。

この光景4回ぐらい見ているんですよ。
同じ組み合わせはありませんが、共通しているのは

・若いお姉ちゃん(ヒールにミニスカート)
・おっさん、もしくはもさい兄ちゃん(ヤンキー系やちょい悪ではない)
・腕も手もつないでいない
・お姉ちゃんは必ず別れてビルへ
・おっさんはその後一人で駅へ

二人がやってくるのは谷九のタニマチ、ラブホ街からです。
古瀬先生の型紙講座余談を、どうしても思い出します。
「海外だとハイヒールにミニスカートは売春婦のアイコンだから、普通の人はしない」
平日の昼間にこの光景、名称はようわかりませんが、とにかく性風俗サービスな気がする。
おもしろいな…

いくたま神社彦八祭り
ロルフィングが終わったので、いくたまさんにお詣りです。
この日は彦八祭りの準備でまたもや賑やかな境内。
http://www.kamigatarakugo.jp/hikohachi.html
わたしが行くのが金曜日が多かったため、土日イベントの準備によくあたったなと思います。
そしてこの神社、イベントが多い気がするぞ。

これからのことについてお詣りしたあと、おみくじを引きました。
ここでおみくじを引くのは初めてです。
巫女さんは祭り準備で社務所内から席を外されているのを声かけて、番号を伝えてくじをいただきました。

いくたま神社おみくじ平
へい!!

「へい!?」って思わず声にした。
巫女さんに、これどういう順番なのか尋ねようとしたら、すでに社務所内にいなかった。
帰ってから調べたところ、厳島神社のおみくじで有名だそうですが、初めて見ました。
吉でもなく凶でもなく、見たまんま「平」ってこと。
書かれていることがわたしにはよい内容なので、持ち帰りました。
境内
滝ゾーン。右の網の下に鯉もいます。
かえる
このかえるの置物、好き。
鴫野神社絵馬
鴫野神社(しぎのさん)
生國魂神社の末社です。
「心」に鍵という絵馬のデザインがかっこよくて好き。
誰がデザインしたのかなあ。
淀君由来の神社で、女性の守護神として、悪縁切り、良縁結びの御利益があるとされています。

お詣りしている間、唯一むき出しだった膝下に蚊が一匹。
ペイペイと払いながらお詣りをすませ、「勝った!」と思っていたのですが、翌日左足5カ所、右足1カ所咬まれていました。
神社は蚊の聖地だな…

「旅立ち良し」というわけで、9/8からお出かけします。