年代の男友達が水着を探しているので、梅田へハンティングに出ました。
最初に行ったのは、ルクアの特設会場。

・ルクア 9階 ~8/11まで
http://www.lucua.jp/
スポーツ系というより、おしゃれ系です、リア充のにおいがプンプンします。
まぶしい!

いちおうメンズもあるとわかった上で足を運びましたが、これは男性ひとりでは入りづらいわ。
店員さんは
「全然気にしないので、男性お一人でもどんどん来てもらっていいのですが」
と言っていましたが、いやあ…無理でしょう…
堂々と入れるのはボディービルダーぐらいかと。

わたし自身はランジェリーブランドの水着が好きなので、こういったリア充な水着売り場はまず経験がなく、興味津々。
特にメンズものはおもしろい。
以前はもっと裾が太いだばだばパンツが多かったのに、すっきりスリムなものが増えていますね。

PEAK&PINE(ピーク&パイン)のコーナーが、友達は気に入っていました。
柄もかっこいいのですが、履いたときのすっきりラインがとっても綺麗。
http://www.peakpine.com/
年間ショップは、心斎橋・河原町・梅田の各OPA内

その他、服屋さんにもちらっとメンズ水着を置いているところがありちまちま見たものの、全然物足りない。
で、日を改めて今度はNu茶屋町のムラサキスポーツへ行きました。
こちらはさすが梅田という立地なのもあり、すっごく種類が多いです。
http://www.murasaki.co.jp/

シーズンアイテムだけでなく、シューズやオリジナルのTシャツまで置かれていて、わたしはスポーツショップを見直しました。
スポーツショップって質実剛健イメージでしたが、アパレル要素を取り入れています。
オンラインサイトを見ていると、レディースのトランクスというカテゴリにびっくり。
こちらはレジャー水着というより、アウトドア水着です。

メンズのショートパンツもすっごいたくさん種類があって、こんなにあると選べない!
そこはさすが専門の女性店員さんがしっかりされていました。
みんな同じショーパンに見えますが、水陸両用のハイブリッドタイプや、ディテールが微妙に違っていたり、形は単純ながらも細部で差がついています。
【ELEMENT】 エレメントのハイブリッドショートパンツ
今回チェックしていて「あっ」と思ったのは、裾。
【ELEMENT】 エレメントのハイブリッドショートパンツ

【Hurley】ハーレーのメンズ水着トランクス
【Hurley】ハーレーのメンズ水着トランクス

ハーレー(みどり)の方は横の着画がないのでちょっとわかりづらいけれど、裾に切り込みが入っています。
エレメントはバッツリストレート。
この差異は、意外と大きいのです。

わたしが先日試着したワンピース2着です。
ストレッチコットンポプリン シャツドレス
 ブルックスブラザーズ ストレッチコットンポプリン シャツドレス

コットンシルクスタンドカラーワンピース
MUJI Laboコットンシルクスタンドカラーワンピース

いずれもWEBサイトの画像では裾がよくわかりません。
ストレートでもいけそうと思い、試着してみてびっくり。
ストレッチコットンポプリン シャツドレス裾 コットンシルクスタンドカラーワンピース裾
なんだこの裾の切り込み!! 
特にブルックスブラザーズの方は、丸いカットのため違和感猛烈です。

山崎さんのブログ、2013年春夏パンツのネタに、
http://ameblo.jp/color-style555/entry-11513031659.html
裾にファスナーがあるものと無いもので、ストレートタイプとナチュラルに別れるという記事です。
こんなちょっとのパーツ、しかも顔から遠い足元のディテールが?と、当時はピンとこなかったのですが、自分が試着してみてよくわかりました。

男性だからといって全員がストレートではないです。
友達はこれまでの経験で、自分は切り込みが似合わないときちんと自覚していました。
経験則による消去法で残ったのだと思いますが、違いが歴然とするし合うものはスタイルをよく見せる効果ももちろんあるから、男性の水着であってもやっぱり試着はした方がいいですね。

それにしてもメンズ水着、おもしろい。
水陸両用ハイブリッドのものなんて、ポケットいっぱいついているんです。
女性の連れがいたら荷物を一緒に出来るけれど、男性ばっかだとみんな手ぶらだもんね。
たしかにポケットがあれば、めちゃ便利じゃん!
ところが、ポケットに「入れてしまえる」ため、そのまま水に入るというトラブルが…
車のキーはカードタイプが増えているので、悲劇。
水着は水着でしかないことが、一番のメリットか。