先日、そういえばグランフロント奥にあるインターコンチネンタルホテル大阪っていったことないなー。
フロントぐらい覗いてみたいなと、行ってみることにしました。

車寄せのエントランスは、グランフロント外周から。
ではグランフロント側の入り口はというと、「隠し通路か」的に一見壁に埋もれていてわからないのです。
インテリアショップACTUS(アクタス)の、むかいの壁にあるよ。

さらにその入り口のドアにはガラスにイエローの目隠しシート(?)がびっしと貼られていて、
「え、開店休業?」
「内装工事中?」
と見紛う。
しかしずいずいっと入ってみたら、いい香り~~~

入って右手にお花屋さんがあるのですが、絶対ここからの香りではない。
フロア全体を網羅しているので、エアコンとか空調からの香りです。
こちらのブログには、マネージャーらしき方にお訊ねして、

「何の香りとは一言では言えないそうで、スタッフで相談して、
いろいろな香りをブレンドしIC大阪の香りを作ったそう。
IC自体がそれぞれの拠点独自の香りを作っているんだそうです。」


ふーん。
香りにこだわるホテルって初めてですが、確かに一番印象に残るのって香りだと思う。
けれど、その分好みもあるので難しい。
チャレンジングですね。

人気(ひとけ)のないホテル一階(レセプションは上層階)をざっと見てから、お茶しよーとグランフロント北館一階のオープンなカフェに入りました。
ここはメルセデスベンツコネクション内のカフェで、
http://www.mercedes-benz-connection.com/index.html
「ダウンステアーズコーヒー 大阪」といいます。
わたしはベンツカフェと呼んでいる。

車の免許もないわたしですが、このカフェのインテリアはとても興味を惹かれました。
椅子が車のシートみたいなデザインチェアだったり、うわーこれ座ってみたいと思えるのです。

スタイルはセルフカフェですが、タリーズやスタバとは全然違っていて、もっとオープン。
それでいて雑じゃない。
さすがベンツカフェ…

わたしはアサイーボウル(500円)を選んだところ、アップルジュースとのセット580円を薦められ、そらセット行くわ(笑)
アサイーボウルを食べるのは、実は初めてです。
ハワイでも食べないままだったのに、まさかベンツカフェが初とは。
お手拭きもちゃんとベンツカフェ仕様でした。
それと、ラテアートがとっても繊細。
全然知らずに入ったので、ラテアートで有名だと思っていなかったんです。

ちょうどバレンタインの時期で、リボンでデコレーションされたベンツSLK、壁のイルミネーションなどかわいかったです。
これは2/14まで。
カフェに入らなくても普通に見れます。

車の横でお茶していると、子供がわーっと駆け寄ってきたり、カップルが笑顔で吸い寄せられてくるので、こっちもえびすになりました。