11月25日(月)、朝から雨の予報バリバリでしたが、予てより予定していた京都東山への紅葉狩りに行ってきました。
父のお友達のおじさんと二人紀行で、数日前より「雨の予報だけど」と心配するメールが来ていましたが、
「大丈夫です! わたし晴れ女!!」とピカピカの自信で迎えた当日の朝、雨降ってないよ~(^-^)
我ながらさすがです。

阪急梅田駅で待ち合わせて、烏丸御池駅下車。
地下鉄に乗り換え、蹴上駅へ。
とサラサラ書きましたが、わたしは京都の地下鉄なんてとんと縁がなく、今回乗ったのが…2回目?3回目??ぐらいのアウェイ感です。
おじさんは慣れているのかと思いきや、「初めてや」えー!(笑)
めっちゃ詳細な行程表を予め送ってきてくれたから、リピーターかと思ってました。

蹴上駅は京都市動物園の最寄り駅でもあり、駅構内は動物園のポスターがびっしり貼られています。
その合間を縫うように、紅葉のポスターだの観光ポスターもまた乱雑に貼り込まれていて、視界にうるさすぎるほどの案内。
そうそう、日本てこうだよね。
ハワイがこういったインフォメーションレベル1だとしたら、日本は100だわ。
はっきり言ってやり過ぎ感満開で情緒も趣もゼロ。
息苦しいけれど、字さえ読めれば下調べなくてもそれなりに行ける。

最初の目的地南禅寺へは、「トンネル」を抜けると近道だとあります。
蹴上駅を出てすぐのところにあるトンネル、それは「ねじりまんぽ
入り口の書体が後半しか読めず、調べてみたら「雄観奇想(ゆうかんきそう)」って書いてあったんか!
最初にここを通ってよかったです。めっちゃテンション上がりました。
001
でーん
南禅寺に到着。団バスの多さに面食らいました。
どんだけ連なってるのと驚くほど、じゃんじゃん敷地内に停まっているんです。土日を外せばましかなと思っていましたが、考えることはみな同じ。
002003
目の前にあるのは三門。山門じゃないよ。
五間三戸(柱間が5間で入口が3間)の二重門、下から見上げると圧巻で威圧感ありあり。
そしてお金の力、すごい。
ほえ~っっと見上げていたら、上に人がいる!
入れるんだ、いいなー! いいなー!と思わず声を上げていたら、おじさんが入ろうと言ってくれました。わーい。
拝観料:大人500円
地味にチャリンチャリンとお金がいる仕組みなのが、京都観光の嫌らしいところですね…
004 005
ここは彦根城か松本城かという程急な階段を昇り(膝が悪い方、心臓の悪い方は要注意。手すりの縄を握りしめてやっとのデンジャーな階段)、三門の上からの眺めです。
「下々よー!」
と下の人々に向かって思わず手を振りたくなる。
山の裾野からの眺めなので、京都盆地を一望に見下ろせます。
006007
下々よー!
008
ところどころ白くなっている木は、もう葉が落ちた木です。
でもわたしは、自分が行ったときが「見頃」だと思っていて、これまで見たことがない紅葉の種類の多さにテンション上がりまくりでした。
いやほんと「美事」としか言いようがなかったです。
どこをみても「綺麗ー!」「すごいー!」でした。
009
たぶん慈氏院。南禅寺境内北西の塔頭。
011012
天授庵。こちらも南禅寺塔頭でお庭で有名。
お庭に入るには写真右手より。
有料なので、三門の上からのぞき見。
013
拡大。大人400円。
ここからは見えない南側のお庭が気になる。
今回の紅葉で特に目についたのは、橙色。
014036
これがそのごっつい急な階段です。
外から見ると三門の上重に登るための山廊がこんな風になっています。
山廊は門の左右にあり、現在は一方通行で公開。

南禅院と方丈庭園は有料なのでパスして、次は水路閣へ