ルームパンツ編
ルームウェア編
→おまけのユニクロニット編

まだまだ続くよ! 次はインナーです。
冬のあったかインナーはわたしには暑すぎで、綿素材の方がいいのですが、まるっきり綿100%だと逆に冷やっとする。
むしろ綿100%がなかなか今はない。
カラーリブタンクトップ
・カラーリブタンクトップ
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/075819
ユニクロのこれですら、53%レーヨン・47%綿。
ナチュラルスキンシリーズが恋しい…

無印の「脇に縫い目のないインナー」シリーズは、ストレッチ素材でなければ綿100%です。
http://www.muji.net/store/cmdty/section/S1000112
綿アイレットはリブっぽい生地だし手触りもいいのですが、襟ぐりが浅ーい。
冬はVネックニットが多いので、襟ぐりが深くないと困る。
それで「ぬくもりインナー」シリーズの襟ぐりを見ると、ぐっと深い。

・ぬくもりラウンドネック八分袖シャツ
・ぬくもりクルーネック長袖シャツ
・ぬくもりUネック長袖シャツ
・ぬくもりフレンチスリーブシャツ
この四枚の襟ぐりを比較しました。
無印
これ作るのすっごい大変だったの!! 
画像サイズが4枚微妙に違うから、透明度を薄くしてサイズが同じになるように拡大しトレースしてサイズを調整後、並べ直したんだからねー!

まあこんなことやんなくても、店頭で実物見たらフレンチスリーブの襟ぐりだけえらく深いっていうのが一目でわかります。
わざわざVネックニットを持参し、候補のインナーを試着して実際にセータを着込んでインナーがVから見えないか確認したところ、やっぱり一番よかったのがフレンチスリーブ。
Mサイズでもギリギリ見えないですが、Lにしてニットをふわっと着るといいカンジに。
素材は綿80%、レーヨン15%、ポリウレタン5%。

もういっちょイオンのあったかインナーも試着しました。
http://www.aeonshop.com/inner/index.html
イオン
綿混シリーズ(右)は素材が綿55%、レーヨン26%、ナイロン16%、ポリウレタン3%なので、無印のものよりもうちょっと薄手、でも手触りがやわらかい。意外といいのです。

もういっこの「極薄」タイプ(左)は、ほんとに薄い。
ユニクロとは大違いの薄さで、尚かつ手触りもこっちの方がやわらかい。
素材はアクリル63%、レーヨン30%、ポリウレタン7%。
ユニクロのヒートテックはポリエステル39%、アクリル33%、レーヨン18%、ポリウレタン10%なので、手触りはレーヨンの差だと思う。

襟ぐりの処理もゴツくないし、襟ぐりが深ければイオンでも良かったんだけどなあ。
襟ぐりの点から、今回は無印のフレンチスリーブに軍配が上がりました。
あったかいかどうかより、わたしは衣服との組み合わせを重視しています。
寒いのは上半身ではなく、下半身やし。

あと、写真ではわかりづらいのですが、無印のラウンドネックとフレンチスリーブはラグランになっています。
これ微妙にポイント高いんだよね。
襟ぐりの深さと合わせて胸元すっきり、ゴロゴロしない。

たまたま前シーズンのセールで八分袖のタイプを買ったのですが、これもラグランなのでラウンドネックタイプの模様。
ただこっちは洗濯で裾がクルッとまるまるのです。
今年のフレンチは裾の処理がちょっと長めだから、改善されているといいなー
そして同じ素材なのに、なぜか今年の方は薄手。

一旦これにて冬準備は終了です。
「三つ巴」と言いつつ、ユニクロは土俵にすら上がってない。
くあー暑かった!!
ユニクロのウォームパンツも各サイズ試着したし、インナーはニットと重ね着での試着を全部しています。
この時期の店内は空調がキツくないから、もーほんと暑かったわ!!
髪をきゅっとまとめて出陣したよ。

次回無印週間はたぶん10月体育の日あたり。