験期間が終わったのでレポートします。
ワキガじゃないけど、脇汗に悩む人にこの記録が役に立てば。

7/13に、おなじみこなさんのブログに見慣れたものがUPされました。
・オドレミンが効いた!
http://blog.livedoor.jp/qona/archives/6663392.html

わたしも以前オドレミン使ってたー!!
そんで、突然効果なくなったー!!
当時は意味がわからなかったのですが、この記事を読んでオドレミンが「そういうもの」だとわかり、びっくりしました。

こなさんと同じく精神性発汗で、クリニークだって脇パットだって試していましたが、全然効果なかったです。
逆にあの貼るシートは衣服に粘着剤がついて傷んだり、腹立ったわー
でも、「服の試着用に汗拭きシートと乾拭きタオルハンカチは必携」という、こなさんほど酷くない。
あと、においは家族に確認してもらってます(`・ω・´)

イヤびっくりしました、オドレミンて使用を続けたら効果がなくなるものだったなんて。
それで、どれぐらいの期間で効果がなくなったのか、当時のお小遣い帳を振り返ってみたんです。

【購入履歴 その1】
一本目:2005年6月
二本目:2005年8月
三本目:2005年9月

この時は使用方法をまじめに守り、お風呂上がりにオードムーゲで消毒してから、指でぺたぺたつけていました。
こなさんも書かれているとおり、かーっと熱くなって赤くなって怖い!! なのですが、制汗効果は驚くほどあるんですよ。
さらっさら、まじで。
つけた指先だって、さらっさらよ。指紋がないみたい。
衣類も白く汚れたりしないし、とにかく気に入っていたのですが、脇を自己処理した日は怖くてつけることができなかったです。

それで一念発起して、2005年11月にレーザーで脇脱毛しました。
脱毛サイコー。人生が変わりましたよ、ほんまに。
冬に入ったのでオドレミンはしばらくお休みし、次の購入は翌年です。

【購入履歴 その2】
四本目:2006年3月
五本目:2006年6月

これ以降の制汗剤は違う商品になっています。
つまり、オドレミンが効かなくなったんです。
夏本番前に効かなくなり、あの時はびっくりしました。
わたしこれを連日連夜つけ続けていたんです。

こなさんのブログと寄せられたコメントを読んで久しぶりに購入し、今回は連続でつけずに様子を見ることにしたんです。
ある夜、指でぺたぺたすんのがめんどくさくて、手のひらにびちゃっと出して、脇を手のひらで覆うようにべたーっとつけたんですよ。

…えらいことになりました。
脱毛した脇部分以外にもオドレミンがついちゃったんですが、そこが赤くね、こうね、グロいことにね…
お風呂に入ったとき、マジで怖かったです。
『これ、治らなかったらどうしよう(;△;)』って。

オドレミンの有効成分は
塩化アルミニウム、その他の成分グリセリン、水 としかありません。

塩化アルミニウム自体は薬局、Amazonでも買えます。
汗の生成を抑えるので、脇脱毛した以外の部分の汗腺にめっちゃ反応したみたいです。

この「手のひらづけ」したときは、一週間まるっと効果が続きました。
それからは、出かける前夜につけるのと、連続してつけないことを意識していたのですが、ふと、『前につけたんいつやっけ?』っていうぐらい脇汗が気にならなくなったのです。

精神性発汗って実は脇汗を意識しないことが、一番の対策なんです。
「脇脱毛したから、脇汗酷くなったんだー!」
って思い込めば込むほど、酷くなる。

ボトックス注射って効果が半年ぐらいなのですが、この半年間だけでも脇汗を意識しなくなると、効果が切れてももうからだが脇汗のこと忘れているから十分なんですって。
もちろんそれ以外の精神的な要因もあります。
が、いずれにせよ意識が大半なのです。
オドレミンの効果もすごいですが、意識との組み合わせでこうも変わるのかと実感を得たので、「オドレミン復活記念」としてレポート残します。
大事な日、大事なお洋服を着る前にお薦め。
ありがとうオドレミン、ついて行くわオドレミン。