わたしの図書館

感想文、体験記を書くのが大好き。 ミクシの日記の一部を、お化粧直ししてこちらに転載中。 くもん書写、旅行記、靴、健康、おしゃれなど。

2015年11月

同窓会、一年前なら行かなかったというのはほんとのところです。 履歴書でいうところの2011年4月から2015年3月まで、わたし完全に空白です。この間のわたしは「したいことをしていた」けれど、「なにをやっているでもない自分」だから、自己紹介の時とか困りました。 出会っ ...

わたしが高校在学時に仲の良かったメンバーはいまは没交渉で、関東在住。 (前回の続きです)わたし自身、他の工芸同窓生とも没交渉だから、同窓会に行っても話す相手おらんなあと思ってたんです。 だから、最初案内が来たとき参加する気しませんでした。 でも、ある予感があ ...

今年の4月、工芸高校の同窓会がありました。なんで今頃ネタに? ですが、ほんとは10月に一年を振り返って書こうと思っていた企画の一部だったのです。ずれ込みましたが、やっとスタート。 同窓会の案内はFBとかメールとか、繋がった人間から順番に伝言ゲームのように回して ...

「生クリームのホールケーキは一年中食べられるけれど、五感のバタクリケーキはこの時期しか出ないの!!」と主張を続けたところ、毎年決まったお店でクリスマスケーキをオーダーしていたのが、今年はセルフの許可が出ました。わーい(実に大人げない) というわけで、今年の ...

お勉強のあとは楽しいアフターです。お勉強の様子は<前回>今回出席されていた中村さん【足の相談所RinCARE主宰】が、おもしろい計測器を持参されていました。(どこかの帰りだったのかな?) 正式名称は、何だろう。 これは足の指の「引く力」を計測できるんです。 バーに ...

まちライブラリー@シューフィッター大木さんのお勉強会です。 バックナンバー等はタグ「シューフィッターと語ろう」から行けます。そのほかの勉強会レポートは「カテゴリ:勉強会・ワークレポート」から行けるように、カテゴリ増設しました。9月の感想が今頃なのには訳があ ...

ちょうど一年前に再開したWS、奇しくも同じ12月でいったん終了いたします。ポディアさんと喧嘩したとかではございません(^^ゞ来年よりわたしの生活が変わることに併せてです。WSを日中に、そして新たなメニューを考え中です。ポディアさんでの試着を考えている方は、12月のWS ...

前半「知の壁」ゾーンは≪こちら≫。画像が多いのでサムネイル小さめ、展示品の詳細が「工学の曙文庫」総合索引ある場合、リンクしています。「こんないっぱい読めるかー!」な方は、キーボードの【END】キーを押して一気にページ下部へジャンプしてください。 いよいよメイ ...

「世界を変えた書物」展 開催中 11/23(月・祝)まで http://www.kanazawa-it.ac.jp/shomotu/ 公式サイトのURLを見たらわかりますが、主催は金沢工業大学です。 (読売新聞社とナレッジキャピタルも主催です) 会場:グランフロント大阪北館ナレッジキャピタルイベントラボ ...

マダムネタ、まとめてUPします。パソコンサポートに行った際、マダムがこれをくれました。 なんていうんだろう。 入っていたペーパーがハングル語でさっぱり読めません。 これ、前項に書いたゆるいソックス(無印ウールと福助)に比べたら、ずり下がることがないのでぐっと ...

パソコンの個人レッスンに行ってるマダムより、度々捜し物の依頼があり、代理購入して次の回にお渡ししています。 9月の依頼は、来年の手帳。 こういうのがいいというリクエストだけでなく、今お使いの手帳の不満、カバーの色なんかも確認します。 気の毒なのは、ずっと愛用 ...

前回(こちら)の続き、薄手ソックスを探し、購入した3点と2013年版無印ハイゲージを比較します。【購入その1】足なり直角 足くちロールハイゲージ靴下 23~25cm・黒 2013年当時購入の参考にさせてもらった前出リンクのこなさんブログには、カラバリはチャコールグレ ...

パソコンの復活と同時にキーボードを買い換えたので、もたもたしています。最初に告知を。12月WSの日程が決まりました。ちょうど一年になります。来年のことは思案中。12月告知ページはまだですがフォームは受付開始していますので、ご都合の良い方、お茶会・WSでお待ちして ...

やっと! パソコン復活です!!爆速!!今週末土日、差し迫っていますが大阪南港ATCにて、「オトナ工芸魂展 2015」が開催されます。クリックで拡大http://www.kougeikai.net/otona.html「工芸高校を巣立ったオトナ達がいま、もう一度「ものづくり」に挑戦! 作品に対する ...

政近さんの「似合うの法則」という書籍にある“ファッションの「自分軸」と「他人軸」がわかる”ワークを、友達とやり合いっこしました。「似合うの法則」の感想はこちらにあります。 本来は「自分がそうありたい状態、してみたいファッション」「その人からみて、あなたがそ ...

↑このページのトップヘ