わたしの図書館

感想文、体験記を書くのが大好き。 ミクシの日記の一部を、お化粧直ししてこちらに転載中。 くもん書写、旅行記、靴、健康、おしゃれなど。

2013年12月

母の仲良しのおばちゃんが沖縄に縁のある方なので、よくサーターアンダギーとか沖縄物産を下さります。 おばちゃんがくれるサーターアンダギーが、いちばんおいしい。大好き。先日の夕食にサラダで出てきたけったいな果物、見た瞬間 「これ、おばちゃんからもらったんでしょ ...

わたしのWSの定番、「靴下は語る」です。 今年の6月に購入した、TABIOの室内用に履いてる五本指ソックス。 シルクの五本指ソックスで、出先から戻ったら履いていた先丸ソックスを脱いで、いつもこれに履き替えます。 ざっと半年履いてみて、こんな風になりました。 まず、 ...

わたしだけが猛烈に楽しい、このサイズ比較。 次はフットプリントです。 前回のアシックス編はこちら。フットプリントは足の加重がどこなのか、足裏の角質などもわかるのですが、正確にプリントできるかというと、意外と難しい。 計測する人でも変わるし、フットプリント自 ...

2012年に「あしを守る靴選びWS」をやっていたとき、度々受けた質問に 「機械で計測したら、足にあった靴を選べるのか」 というのがありました。 自分で靴を選んでもイマイチピンとこないので、機械で正確に計測したら合う靴がわかるだろう。 その心理はすごくわかります ...

わたしの靴話でよく出てくる、「薄い靴」という表現について、実物を見ないとピンとこないので写真撮ってみました。 が、わたしはヒールの高さ、素材、スニーカーといった種類でも、同じタイプの靴を二足持っていないんです。 ほんとはこの方みたいに比較できたらいいのです ...

足に合わない靴を履いていた時代、なにも知らず前滑りするパンプスの調整を一生懸命やってきて、惨敗でした。 ヒールのないぺたんこ靴の調整でも、黒星。 ギブアップです。 インソール製作をするプロにお願いしました。 まずは痛いところの確認。  小指の当たるところを、 ...

大木さんのお話を聞く以前より、インソールのポイントは 「つま先に入れないこと」 「踵に入れないこと」 は知っていました。 それで次に試したのは、土踏まずサポートです。 これまでもいろんな土踏まずサポートを試してきましたが、今ならもっといいのがあるかも知れない ...

「実践編」といっても失敗の裏付けです。 写真いっぱい撮ってがんばった。 これらのチャレンジは、大木さんのお話を聞く前にやったことです。 HIROFUの靴で痛いところ、それは小指のつけ根です。 開張足で横アーチが潰れているため、本来こんなに出っ張らない小指のつけ根 ...

「靴の部品でもっとも多いのはインソール、 それほど足裏で困っている人が多いといえますが、靴の研究者も足裏ほど難しいものはないと言います。 確かに順調な改善は難しいことが多く、それぞれの方の経験や知恵でこなしているのが現実です。 そこで「なぜインソールを入れ ...

ぐっと間が空きましたが、心斎橋大丸シェシアンの続き、靴のショッピング同行続編です。 今回の同行Aさんは、タルタルガのパンプスを履きおろしなしで長時間歩くことが出来た猛者。 もともとパンプスで歩き慣れているため、下半身の頑強さがわたしとは比較になりません。 た ...

朝日新聞土曜版の「be」にパズルコーナーがあります。 父はナンクロ(数独)系が好きで、ほとんど朝一番に回答が記入されている。 わたしは漢字クロスワードが好きで、父が歯抜けにやり残した漢字を埋めていくのです。 年に一回お正月版のみ、巨大な漢字クロスワードが出現し ...

25日の夜はどのお店も予約でいっぱいで、思いがけず夕食難民になりました。もうクリスマスには出かけない。 年賀状、終わった! 25日は夜から心斎橋・難波に出かけていたので、地元よりもちょっとでも大きな局に近い方が良かろうと『梅田で投函しよー』と意気揚々出かけたら ...

年賀状の売れ行きを、わたしは【いろどり年賀状】で見ています。 いろどり年賀状は平成21年用年賀ハガキでデビューした、うぐいすいろとももいろの二色のハガキで、当初めちゃくちゃレア商品でした。 「発行枚数は各750万枚」 人気あったんでしょうね。翌年平成22年の枚数は ...

11月に馬蹄チャームを買ったその後です。21日、阪急メンズ館のロンドンティールームでお茶していたとき、 「かわいいでしょー!」と見せた相手がどれどれと軽く引っ張ったら、ぶちって抜けたんです。 「どあー!」ってすんごいびっくりされて、その声がおかしかったんですが ...

16日月曜日に買ったチューリップ、全部蕾でしたが18日にはすっかり花開きまして、 その時の写真がこれ。 いまはもっとぱっかーんって咲いています。 大車輪のように全開。花びらも、中も全部黄色。 開いてみるまで中も黄色だと思っていなかったので、いまどきのチューリップ ...

↑このページのトップヘ