わたしの図書館

感想文、体験記を書くのが大好き。 ミクシの日記の一部を、お化粧直ししてこちらに転載中。 くもん書写、旅行記、靴、健康、おしゃれなど。

2011年08月

わたしはずっと自分の“幸せ”がわからなかった。 新月のおまじないって知ってますかね。 新月に自分の願いを書き記すあれです。 2008年12月から2011年2月までずっと続けていました。 書く事がなかなか浮かばなくて、自分に原因があると思っていた。 でももう書いてないです ...

長かった今回の滞在記も、いよいよラストです。 名古屋から新幹線に乗り換えると、車内の冷房の温度が全然違う。 「しなの」では冷房対策不要だったのに。 快適だけど、やはり東海道線は暑い都会を繋いでいるって感じがします。 平日夕方で、サラリーマン多し。 そして新大阪 ...

「次回って!?」 その通り、次回ですよ。長野に行くのはこれっきりじゃないもん。 ・長野市の本屋さん複数 これは長野ローカル番組を見ていて『行ってみたいな~』と思ったお店です。 長野市内の古い建物をリニューアルし、特徴ある本屋さんが次々できているという内容でし ...

続きの日記は大阪に着いてからの感じたことになるので、その前に荷物や土地の情報などまとめておきます。 ≪役に立ったもの≫ ・ドライヤー 家で普通に使っている去年買ったPanasonicのナノシリーズ。ハイパワー。 宿の脱衣所にもドライヤーはありましたが、お部屋に座り込 ...

街歩きがてら駅に戻ります。 ほんとは時計博物館とか、はかり資料館にも行きたかったけど、やはり直射日光が厳しくてとても歩けなかったのです。 駅に戻るのでゼイゼイ。 松本は一泊してゆっくりたのしむ街ですね。 ちなみにおばちゃんの娘さんは旦那さんの転勤で、長野→松 ...

松本城をあとにしたのは、午後1時半。 お腹空いた… どこかクーラーの効いたお店に入りたい… ふらふらと大通りを南下していたら、よく松本の案内で見るうわさの古書店発見です。 外観がお城なの 周りのビルに挟まれて頑張ってるね~ 大通りの左手にちらほら飲食の案内が ...

11日目の朝、戸狩とはこれでお別れです。 おばちゃんの朝ごはんを食べてから荷物を下ろし、最後に宿の前で写真を撮りました。 洗濯機が入り口にあるのは、夏の間だけですよ。 ちゃんと別館に、スキー用の乾燥室もあります。 わたし宿のおばちゃんがほんと大好きで、正直おば ...

10日目、実質戸狩で一日過ごす最終日です。 この日までに行きたいところには全部行ったので、最後は戸狩で過ごすと決めていました。 荷物のパッキングをして、帰る日にお土産でいただく野菜を詰めるスペースを作ります。 30日は松本で途中下車するため、リュックではなく容量 ...

野沢温泉から戸狩野沢温泉駅に戻ります。 次の行き先は、戸狩の次の上境(かみさかい)駅からすぐの所にある湯滝温泉。 戸狩から先は、下り列車の本数が極端に減ります。 一駅といっても千曲川沿いにどんどん北上する走行距離は案外長く、退屈しません。 そして到着した上境 ...

9日目。はやいなあ… おばちゃんが朝食後にとうもろこしをゆがいてくれました。 「分けて食べませんか?」 って聞いたんだけど、こっちではいつでも食べられるから(^-^)滅多に食べれないんだし1本食べて、と。 ゆがいてもらったけれど朝食後におばちゃんと話し込んでしまい、 ...

黒姫高原は、今でこそコスモス満開ですが私たちが行ったときは 「…あれ、咲いてる?」 ってカンジだったんです。 http://kurohime.tv/ 入園料とリフト込みで1200円だったはず。 天気も急に曇りだしたので、車の中で焼もろこしをかじり、展望エリアからの眺めを楽しみまし ...

鏡池の次は戸隠を離れ、東へ黒姫高原を目指します。 36号線をずーっとずーっと走ると、「信濃町」になりました。 戸隠は長野市なんだよ。 一度だけ蕎麦畑に通りかかり、ほんとに「おひさま」で見たとおりの一面白いお花畑でした。 NHK連続テレビ小説 おひさま 上 のぼり ...

中社から今度は西に向かい、鏡池(かがみいけ)を目指します。 そういえば、池を目指すっていうのも初めてだなあ。 池に着くと駐車場が満車! 登山服の人を何人か見かけました。 奥社から西に戸隠山登山道の入り口があるので、そこからの帰りなのか、トレッキングコースの利 ...

講堂跡の段階で、時間はお昼12時を回っています。 お腹空いたよー! お蕎麦ーお蕎麦ー!!(;Д; ) というわけで、朝からがんばって運動したふたりは空腹を抱え、参道をさくさく下り奥社から中社に戻ります。 そば処の戸隠には、各地区にたくさんお蕎麦屋さんがあります。 ...

社務所をあとにして真っ先に立ち寄ったのは、滝です。 奥社に登る傍らに、小さな滝があったんです。 行きしなに見かけたとき「いいね~! 帰りに寄ろう!」って決めていたのですよ。 流れる水音と新緑がとても美しく、また立ち寄る人も少なくて実はこっちの方がじっくり落ち ...

↑このページのトップヘ