わたしの図書館

感想文、体験記を書くのが大好き。 ミクシの日記の一部を、お化粧直ししてこちらに転載中。 くもん書写、旅行記、靴、健康、おしゃれなど。

「その2」でリストにあげた幅細シューズのPATRICK(パトリック)銀座ラボへ行ってきました。 短気なもので、一番品数が多い店に最初に行きたいんです。 東京出張の翌日に現地の友達と待ち合わせしてランチしたあと、銀座を案内してくれてすごく助かりました。 銀座は平日に ...

靴ができあがるまでの1ヶ月間、内股の筋肉を意識して歩きました。 わたしは歩くときに膝の内側が擦れるんですが(太いんちゃうで!)、パンツの膝内側だけ傷みそうで困ると思ってたら、タルタルガのオーナー松本さんに 「歩いているとき足をクロスさせてる」 と指摘されたの ...

靴に散々悩まされて数十年、ようやく知った靴業界の真実と日本人の足についての知識をざっとまとめました。 わたしは“日本人が身につけるものは、日本人が作ったものが一番いい”と思っていました。 でも違う、少なくとも靴については全然違う。 女性部長がイタリア旅行に行 ...

オーダーやパンプス系以外のスポーツ系のリスト。 スニーカー 幅細タイプの声がよく集まっているのはPATRICK(パトリック)。 http://www.patrick.jp/ ナイロン靴のイメージとデザインがスポーティーで避けていましたが、サイトを見てると「おっ」っていうのがいくつかあり ...

※内容は2010年11月当時のものです自分がそうであってもなくても、幅細の靴ってどんなものなのか注意してみないと見つけられません。 今後の買い物に役立てようと集めた情報を自分カスタマイズして印刷しているんですが、ちょっと転載しておきます。 お店の情報と、実際のお ...

<前回までのあらすじ> カテゴリ一覧から①に行けます幅細靴専門店「タルタルガ」にて、これまで見たこともない幅が細く甲のうっすいハイヒールの登場に、怖じ気つく女が一人。 さてこのヒールで立ってみると、背中がシュッと勝手に伸びました。 肩胛骨が広がり姿勢が良 ...

これまで靴が合わなくてトラブルに悩まされてきた人、以下の項目に心当たりがあれば、幅狭・甲低足の可能性があります。 この足のタイプは、どんな靴でも履けてしまうのが仇になっているんです。 一度きちんとしたお店で足を測ってもらいましょう。 ●心当たりないですか?・ ...

足囲は普通に足を置いた状態とギュッと締めた状態とで1センチぐらいの差が正常値なんですが、わたしは開張足で横アーチがつぶれているため2センチ差、さらに踵骨(しょうこつ)が小さいので、普通の靴の踵は大きすぎて合わない。 げげげ、思い当たることいっぱいです。 だか ...

淀屋橋からすぐ、土佐堀を歩いていると通り過ぎてしまいそうなお店「タルタルガ」は軒先がちっちゃなウィンドウになっていて、ちょっとだけ実際の靴が見れます。 『もっとたくさんみたいなあ』 とウィンドウ越しにうろうろしてたら、中からオーナーが 「どうぞ~サイズ測るだ ...

ある日、小指が痛くて痛くて帰って来るなり履いてた靴をべいっとゴミ箱行きにしました。 他にも痛い靴をどんどん捨てました。 我慢の限界だったんですよ。指だけでなく足もだるいし。 秋冬にはブーツが履ける。 ブーツは甲と足首をホールドする分、ちょっとだけ着用感がまし ...

さて5本指ソックス、歩いたときの地面の踏ん張り感が全然違い、『なんぼでも歩けるー!』っていうぐらい地面を蹴るのが軽かったです。 足指全部が動いている感覚です。 すごーいすごーいと感動しウキウキで過ごした一日目、帰宅しちょっと休憩と脱いだとき、なんかむずむずす ...

とうとうわたしもコールハーンデビューか… なんとなくコールハーンの靴って、最後の砦って感じがします。 ただコールハーンの靴は、サイトとか売り場で見ててもシンプルすぎて、あの価格を支払うには物足りんのです。(春夏は特にシンプルで、秋冬の方が好み) プレーンなパ ...

「靴選びが下手なんです」 日本のティム・ガンとお買い物に行ったとき、靴売り場で真っ先にこういいました。 試着なしで買うことは絶対ない。 安っちいへにゃへにゃ靴なんて買わない。 雑貨屋ではなく、売り場に店員がいるお店で買う。 なのに、試着時は『やった!当たり! ...

新幹線で一路東京に戻ってくると、すんごい人混み。 あと、なんかすごい不健全さが強く感じられてしんどくなってきた。 ここは人が住む都市じゃないな。上田に帰りたい。 せっかくのランチで復活したのにちょっとぐったりしつつ、代官山を目指します。 目指すは代官山の「ア ...

公式サイトとかブログっぽいのが見あたらないので。 ・パパオルソ http://db3.ueda.ne.jp/umaizou/?mode=detail&where=61 イタリア語で「熊おやじ」っていう意味です。 ※2011年11月に店名を「トラットリア ノンノ」に変更されましたhttp://nonnodal1998.naganoblog.jp/ ...

↑このページのトップヘ