わたしの図書館

感想文、体験記を書くのが大好き。 mixiの日記の一部をお化粧直しして再編集。 くもん書写、旅行記、靴、健康、おしゃれなど。

日曜はお出かけしていまして、帰ってきたときに見たのは ○ソロモン流 建築家 杉浦伝宗の「極小住宅」づくりについて。 ドリームハウスと違う、そうそうこういうのが見たかったのよ!! という工夫いっぱいのまさに“建築”で見ていてほんとに楽しい番組でした。 テレ東の ...

「歴史人」という雑誌があるのですが、タイトル通り歴史雑誌です。 今発売している3月号の新聞広告を見た瞬間、【これはわたしのための一冊!!】と即お買い上げ。 ・2013年3月号「戦国武将の家紋の真実」 http://www.rekishijin.jp/newmagazine201303/ 家紋の書籍ってたく ...

前回の化学実験室からがらりと変わり、今回参加したキャンドル作りは会場がカフェの一角です。 ・【グラデーションキャンドル ワークショップ】ブックマーク ビブリオテーク http://www.cporganizing.com/bibliotheque/osaka/archives/2522 ブックマークビブリオテークはイ ...

○ダーウィン ウミイグアナの特集でした。 福福しい体つきとぼてっとした動作、一点を見つめて動かないところなど、ユーモラスで終始面白かったです。 「今日の音楽はえらい派手やな」 と母が思わず言うぐらい、豪華なスコアがつけられていて、担当者はハリウッド映画好き ...

今日は大阪粉浜、住吉大社近くにあるキャンドルサロンで手作り体験してきました。 ・salon de Leona http://www.salon-de-leona.com/ すごい素敵なサロン!! 古い民家をこつこつと改装しているそうで、ちょうど二階を改装し終えたところでした。 ギャラリーやWSの会場に ...

今日はNHKニュースのあと、19:30~20:00までダーウィンでなくビフォーアフターをつけてみたのですが、5分おきのコマーシャルに耐えきれず20分も6chを見ることができなかったです。 CMがうるさすぎて「消音」にしてがんばったのに、5分ごとはないわ。 あのおうち、どうな ...

北野工房に着いたとき、一通りお店をチェックしているとジェルキャンドル作りの体験をしているお店がありました。 え、ええええ!!  全くノーマーク。 和蝋燭以外目に入っていなかったので、まさか同じところでジェルキャンドル作りをやっているなんてほんまにびっくり ...

キャンドル作りに興味を持ち、「八重の桜」に出てきた和蝋燭も綺麗だなーと思っていたら、西宮に和蝋燭職人さんがいると教えてもらいました。 ・松本商店 http://www.warosoku.com/ なんとこんな近くに!! さらによく調べると、北野工房で手作り和蝋燭が体験できるという ...

昨年11月末にNoriko式ウォーキングの体験に参加しました。 このとき教わった緩めるケアを時々サボりながらも続けることができたので、個人セッションを受けることにしたのです。 特に1月はあちこち痛くて腰だけでなく左太もも肉離れ、肘や肩、背中の痛みと満身創痍でしたから ...

今回どしたん、これまでと全然違っててびっくりした!! 演出家が変わってたみたいですが、冒頭から20分まで、わたし涙でしたよ。 ●7時台のあれ 開始前にちょっとだけ『今日の見所』的なのがアバンで入るのですが、あれ辞めた方がいい。 特に今日みたいな回には、ほんとに ...

大河の前に見ている「ダーウィン」ですが、今夜のオオカワウソを見ていて、つくづく動きが滑らかだなあと見とれました。 カワウソに限らずこの番組を見ていると、動物の動きって自然でいて、美しい。 余計な力が入らず、ただ“在る”ものをそのまま使っているという感じがし ...

2013年のトレンドカラーは、エメラルドグリーンだそうです。 http://blog.talk.vogue.co.jp/hayashi-sisters/archives/4384433.html 夏物カットソーだとグリーンは所持していますが、秋冬にはないなあ… ランジェリーならあるけど、目につきやすいとは言い難いし。 しかし ...

覚馬兄様(あんつぁま)無双でした。 雨の中、藩士との小競り合いで両者とも草履をばっばと脱いだとことか、細かいところがすごくよい。 引き続き道場の対決で兄様が上半身脱いだのには面食らいましたが(あれは必要なのか!?)、兄様のナイスガタイに実況とホモスレッドが ...

八重の子役は絶賛されてるそうですねー。 あちこちのブログでも「引く手あまた」というのを見かけました。 NHKはもっと子役時代に自信を持っていいのに、すでに第二回で子役はさようなら… かわいかったのにな。 恐らく、後半の回想シーンなどで新カットがあることでしょう ...

ここ数年の大河の番宣のひどさは、初回を見る前からうんざりするレベルですが、 “幕末のジャンヌ・ダルク” っていうコピーは、地元の人も言ってるんでしょうか? ほんとに言ってるんだとしても、この番組のキャッチとしても、ジャンヌの最期を考えるとちょっと感覚がずれて ...

↑このページのトップヘ